@マナです。

7月以降だと思っていたSBIバーチャルカレンシーズの動きですが、6月1日に先行口座開設者に本人確認ハガキの郵送を開始したようです。

News Topicsお知らせ
2018.06.01

住所地確認ハガキの郵送のお知らせ
SBIバーチャル・カレンシーズの先行口座開設に多くのお申し込みいただきありがとうございました。お申込みをいただいた方のうち審査が終了しましたお客様につきまして、住所地確認手続きのためのハガキを本日より順次、転送不要簡易書留にて郵送いたします。なお、取引に必要な取引パスワードにつきましては別途、サービス開始時に改めてお送りいたします。

また、長期不在等でハガキをお受け取りになれない方、6月末日になってもハガキが届かない方はお手数ではございますが、下記当社カスタマーセンターまでご連絡くださいますようお願い申し上げます。

via:https://www.sbivc.co.jp/topics/#180601_01

う~~ん、予想よりも早かった。
コインチェックサービス再開に当ててきてるんじゃないかなと思います。市場が冷え込み気味の今、CCさんがサービス開始する前に少しでも顧客を囲い込む作戦かな??

SBIバーチャルカレンシーズは販売所方式

予想はしてましたが、SBIバーチャルカレンシーズは販売所方式のようです。板取引は初心者のハードル上げちゃいますからね。

SBIバーチャルカレンシーズ取引アプリ

公式サイトに取引アプリの画面が表示されていました。売買価とチャートが簡単に見られる。スプレッドは小さめですね。実際どうなるかは分かりませんが、SNS上では「スプレッド小さい!」と騒がれています。

仮想通貨の入出金はしばらく受け付けないらしい

SBIバーチャルカレンシーズ仮想通貨入出金

ちなみに、仮想通貨の入出金はしばらく受け付けないらしい。
コインチェックさんも新通貨上場の際、しばらく仮想通貨の入出金は受け付けなかったので同じですな。

じゃぁSBIが安心か?といえば決してそうじゃありません。SBIバーチャルカレンシーズページの「リスク」のページにこう書いてます。

取引所の安全性のリスクは2つあり、ひとつは、取引所の役職員の内部不正や、取引所のシステムの不具合、悪意ある第三者による取引所への攻撃等によって、お客様からお預かりしている法定通貨資産・仮想通貨資産を失うリスクを言います。

SBIさんであれ、「失うリスクはあるよ」と言ってますので、ログインパスワードが推測されやすいものとか、使いまわしのメールアドレス、パスワード使うとはNGです。

サービス開始時期は?

サービス開始時期はまだアナウンスされていませんが、トピックスに「6月末まで本人確認ハガキが届かない場合はカスタマーセンターにご連絡ください」と書いていることから推測して、7月初旬頃ではないかと予想しています。

ですが、コインチェックさんのサービス再開が「6月中予定」なので、もっと早めてくる可能性も考えられますね。

取引には住信SBIネット銀行口座が必要

SBIバーチャルカレンシーズでの取引、入金には「住信SBIネット銀行口座が必要」ですと明示されていました。

仮想通貨取引所や投資関係に便利なネット銀行なので、持っておくと良いですよ。入出金が早いですし、SBI証券との親和性も高いです。

6月~8月頃まで相場は盛り上がるのかな?

まだ何となくですが、6月~8月は仮想通貨市場が盛り上がりそうな気がしています。

法規制ニュースもひと段落してきて、新しい規制ニュースが報道されても相場にほとんど影響が出なくなりました。直近では好材料の力が強いかな?と感じます。

SBIさんがどんなマーケティングで攻めて来るかも注目しています。SBI証券顧客預かり資産は10兆円以上ありますからねぇ・・。

ではでは。

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円で2017年から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。