仮想通貨ポートフォリオアプリのBlockfolioがETH建てに完全対応

@マナです。

待ってました待ってました!仮想通貨ポートフォリオアプリのBlockfolioがETH建て表示に完全対応しましたよ。

仮想通貨ポートフォリオアプリのBlockfolioがETH建て表示に完全対応

今まではフィアット(日本円など)建てと、

仮想通貨ポートフォリオアプリのBlockfolioがETH建て表示に完全対応

ビットコイン建て表示がメインでした。
通貨単体でETH建て表示はできたものの、総資産などはETH建て表示ができなかったんですね。

ですが、今日総資産のビットコイン建ての部分をタップしてみると、

仮想通貨ポートフォリオアプリのBlockfolioがETH建て表示に完全対応

仮想通貨ポートフォリオ内の表示が全てETH建てに!これは便利!

BTCは送金スピードも手数料も安定しないので、BTCを切ってETH建てで考える人が増えてきた印象です。
BTCがこのまま使い物にならない通貨のままであれば、将来仮想通貨市場はEthereum基軸が強くなる可能性がありますからね。

私も最近はEthereum建てで考えることが多くなってきました。

なぜEtherem建てで考えるのか?

「Ethereum建てで考えて何が良いねん?アホか。」と思われる方がいらっしゃるかもしれませんね。理由を書いておきます。

Ethereum建て取引所の増加とDEX

まずEthereum建ての取引所がめちゃくちゃ増えた。今やBTC持って無くてもEtheremでほとんどの通貨は交換可能になったんですな。世界5位の取引所のBitfinexはトークン専用取引所のEthefinex開設を発表してますし。

さらに、分散型取引所(DEX)もEtheremが基軸の所が多い。取引したい場合は取引所に送る必要が無いんです。EthereumウォレットのMetamaskに保管したまま、ETHと他のトークンが交換できるようになってるんですね。

次のハードフォークでPoSに移行

次に、Ethereumは次のハードフォークでPoSシステムに移行予定。Ethereumを多く持っているほど手数料収入が得られる仕組みになるんです。

開発者のVitalik氏は「手数料を得られるには、最初は1000ETHくらいの予定」と話しているので、Ethreumを沢山持っておきたいと思う人も増加中。だからポートフォリオの総資産はETH建てで見ておきたい。

さいごに

まだまだ開発中の段階ですが、将来的にはEthereumがワールドコンピューターとなって世界中のアプリケーションを掌握するかもしれないなと思っています。

世界のアプリケーションはEthereumベースで動いた方が、今の中央集権形態よりは断然便利な事は明らか。無駄な手続きが多い行政のシステムなんかも、Ethereumベースで動かせるようになるなら手間やコストが半分以下になるんじゃないでしょうか。

Ethereum相場

ま、暴落中ですけどね。というか、2018年1月は上がり過ぎました。1ETHが10万円超えた頃、開発者のVitalik氏も「今のEthereumの状況から考えれば高過ぎる」と言ってたくらいなので。

私はドルコスト平均法で毎日Ethereum買ってます。Zaif(ザイフ)のコイン積立を利用すればリスクを低く抑えられるドルコスト平均法買いは楽なので、ご興味ある人は検討してみてください。
ではでは。


【関連記事】
Zaif(ザイフ)のビットコイン積立投資申し込み・設定・売却・出金方法

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。