@マナです。
Binance(バイナンス)にようやくNEM(XEM)が上場しましたね!日本のNEMホルダーさんにとっては嬉しいニュース。

去年の12月に私もリクエストメールを出していました。

結構賛同してくれた方がいたらしく、その後BinanceのCEOも「NEM(XEM)の上場リクエストは多く寄せられているので、いずれ上場するつもりだ」とコメント。
盗難事件がまだ解決していない中での上場ですが、ホルダーとしては素直に嬉しいです。

最近仮想通貨取引所に上場するのはイーサリアムトークンばかり。理由は取引所側の作業が簡単だからです。
NEMのようなネイティブコインだと、上場させる場合は手間がかかって面倒らしいんですな。取引所は手間なく沢山売買されれば儲かるところですので。

それでも手間がかかるNEMを上場してくれたので、NEM(XEM)はさらに注目されていくかもしれませんね。

盗難NEMはまだ半分残っている

嬉しいニュースの反面、盗難された5.2億XEMはようやく半分が処理されたようです。

仮想通貨交換業者コインチェックから約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した問題で、犯人側が匿名性の高い「ダーク(闇)ウェブ」のサイトを介して、流出ネム全体の半数に当たる290億円分(流出当時のレートで計算)以上をビットコインなど他の仮想通貨に交換した疑いがあることが17日、情報セキュリティー専門家への取材で分かった。

 マネーロンダリング(資金洗浄)が目的とみられる。交換されたビットコインなどは、さらに別の仮想通貨に交換されたり現金化されたりした可能性もある。ネムの追跡・回収は一層困難になった。捜査が長期化する恐れもある。

流出ネム290億円分を交換か | ロイター通信

はぁ~~、まだ半分も残ってるんですか。ダークウェブでは相変わらず相場の15%引きで売られているらしく、相場がちょと上がってもすぐに売り叩かれて下落しています。

犯人が捕まるか、または残り2.6億XEMが処分されるまでは、NEMの相場はまだ厳しそう。あと1~2か月くらいでしょうか。
Catapult(カタパルト)の発表も盗難事件がひと段落後になるでしょうね。

ともあれ、Binance(バイナンス)さんにNEM(XEM)上場おめでとう。

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。