MosslandoモスランドのICOと登録参加
※このエントリーはETH送金方法を追記して再度更新しています。

@マナです。
面白そうなゲーム系のICOプロジェクトを見つけたのでシェアしておきます。

Mossland(モスランド)とは

MOSSLAND(モスランド)と言って、ポケモンGoのブロックチェーン版ゲームみたいなものです。通貨はMOC(MossCoin/モスコイン)
既にゲームのひな形は出来てるようで、Youtubeで紹介されておりました。

 

何か分からんけど面白そう・・。ということでホワイトペーパーを読んでみましたのでざっくり解説しておきます。

スマートフォンのGPSとカメラを使って現実の街とリンクさせ、モスコインを使って不動産を購入。自分の不動産を目立つようにアクセサリを付けて、Mosslandのユーザーがチェックイン(不動産をタッチ)すれば、ユーザーと不動産所有者が報酬やアイテムを獲得できるシステム。

MosslandoモスランドのICOと登録参加

↑自分の所有する不動産にアクセサリを付けると、モスランドで遊んでる人が「あそこに行ってみよう!」となるわけだ。

MosslandoモスランドのICOと登録参加

チェックイン(タッチ)すると報酬獲得!この報酬はGoldやGemというもので、ゲーム内課金をすることができる。チェックイン数も増えれば増えると評価が高くなる。

MosslandoモスランドのICOと登録参加

さらに、Mosslandで手に入れた不動産は、ブロックチェーンのオークションでユーザー間で取引することができて、ここでMossコインが使われる。
「ゲームユーザーが増加すると、有名な不動産は買いにくくなるし高騰すると思われるので、早めに動くのが吉!」とホワイトペーパーに書いてます。確かにね・・。既に世界に存在している不動産をゲーム内で利用する点はよくぞ思いついた。メジャーな観光地なんかは即売り切れになるのでは>

つまり、チェックインを多くしてもらって評価を高め、さらにユーザーが増えて不動産価値が上がればMossコインを稼げるようになって儲かる・・という仕組みらしい。

ん~~、これは想像しただけでワクワクするようなゲームシステム!

Mossland内に広告を出せる

MosslandoモスランドのICOと登録参加

さらに、Mossland内には広告を出すことが出来るらしい。
大きい目立つ建物に、企業がMossコインを買って広告を出すことができるわけだ。

MosslandoモスランドのICOと登録参加

↑こんな感じで、スマホやシューズショップ、メーカーの広告アクセサリを表示させられる。
チェックインすると出稿側がチャージしているMossコインが消費されていく仕組み。よく考えられてますね。

Mossland(モスランド)のロードマップ

MosslandoモスランドのICOと登録参加

Mossland(モスランド)は2018年9月~12月にアルファ版リリース予定、次の3カ月でベータ版リリース、2019年7月~9月にはグローバルローンチ予定。

まともなロードマップですね。詐欺ICOの特徴だと、ロードマップがやたらと長いんですよ、ローンチが2021年とか(笑)

Moss Coinの発行枚数、基準価格、ボーナス等

通貨名:Moss Coin
シンボル:MOC
プラットフォーム:Ethereum
総発行量:500,000,000MOC(5億MOCトークン)
基準価格:1MOC=0.12USD

【ICOボーナス】

  • 2018年3月21日~27日:15%ボーナス
  • 2018年3月28日~4月3日:10%ボーナス
  • 2018年4月4日~10日:5%ボーナス
  • 2018年4月11日~17日:2.5%ボーナス

【上場取引所】
未定


 
ボーナス有りのICOは個人的にあまり好まないんですが、1週目15%程度であればまぁ気になるほどではない。
過去に酷いものだと、100%ボーナスというものがありました。今でも1週目40%ボーナス有りICOは珍しくありません。

ロードマップが2019年中でグローバルローンチ予定となっているし、ホワイトペーパー読む限りはそこそこ現実味ありそうに感じます。
何よりゲームシステムがシンプルかつ、お金稼ぎもできる点が熱い!!

最近のICOでは優良な方だと思う。

上場取引所は未定ですが、これならトークン買っても2年くらい待てるプロジェクトだなと感じます。やっぱりゲーム系のプロジェクトはワクワクします。

【追記】ICO参加、KYC登録方法

一応、MosslandのICO参加方法、KYC(本人確認)登録方法を書いておきます。

MyEtherWalletやMETAMASKなどのイーサリアムアドレスが必要になり、KYC登録ページに「氏名」「メールアドレス」「セルフィー版のパスポート画像」「MossCoinを配布してもらうイーサリアムアドレス」を記入するだけでOKです。

1人で最小0.1ETH~最大20ETHまでの申込みになるようです。
アメリカ・中国国民は参加できません。

登録手順

まずMosslanのKYC登録ページにアクセスし、

MosslandoモスランドのICOと登録参加

「言語・・・日本に」
「名前/名字」
「メールアドレス」
「イーサリアムのアドレス(取引所のアドレスはNG)」
「参加予定Ethereum数」

を記入。

MosslandoモスランドのICOと登録参加

次に本人確認の写真をアップロード。

MosslandoモスランドのICOと登録参加

セルフィーで撮影したIDカード(パスポート)が必要になります。

MosslandoモスランドのICOと登録参加

最後に規約などにチェックを入れて「Submit」を選択して完了。

MosslandoモスランドのICOと登録参加

KYC登録完了のメールが届きます。

ICOが始まり次第、「このアドレスにイーサリアムを送る」という連絡が届くので、希望ETHを送金。

MosslandのICOへ参加、Ethereumを送信する方法

ここから再度追記で、ICOへ参加、Ethereumを送信する方法を書きます。

ごめんなさい、既にICO始まっており、KYC登録したメールアドレスには「ここのアドレスに送る」という連絡はありません。

ICOへ参加するには、今まで説明した通りKYC登録を行った後に、Mosslandのトップページへ行きます。

大事なことなのでもう1度書きますが、KYC登録が先です。最初にEthereumを送ると許可されないようです。

MosslandoモスランドのICOと登録参加

「Participate in the ICO」を選択。

MosslandoモスランドのICOと登録参加

参加ETH数を入力します。最小0.1ETH~最大20ETHまで。20ETHを超えて送金すると戻ってきますのでご注意。

MosslandoモスランドのICOと登録参加

ETH数を入力すれば、その時の相場で得られるMossCoin数が表示されます。

MosslandoモスランドのICOと登録参加

最後に「I AGREE」にチェックを入れる。

MosslandoモスランドのICOと登録参加

MosslandのICO参加Ethereumアドレスが表示されますので、このアドレス宛にEthereumを送信するだけ。
なお、取引所からの送信はNGです。MyEtherWalletやMETAMASKなどから送金しましょう。

Mosslandプロジェクト側がKYCを確認しだい、MossCoin(MOC)が登録Ethereumアドレスに配布されます。

【追記】
トークンの配布はICOが終了後、KYCが確認された人から順に配付となるそうです。ですので、4月20日頃には配布になると思われます。
ウォレットにトークンを表示させるには、ウォレット側でカスタムトークンの登録が必要になります。まだ公式からアナウンスがありませんので、発表を待ちましょう。

 

以上、Mossland(モスランド)のICOについてでした。私は20ETH全突っ張りで参加。どうせEthereum暴落してますしね。2019年末までホールドします。

ではでは。

Mossland
Mosslandホワイトペーパー
MosslanのKYC登録ページ(一番最初に行う必要があります)

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。