リップルXRPハードウェアウォレット,CoolWallet,クールウォレット,海外購入方法

@マナです。

リップル社ノXRPを保管できるハードウェアウォレット「CoolWallet(クールウォレット)」を海外から直接購入する方法を解説しておきます。

クレジットカード(JCB、VISA、MASTER)で購入できます。

CoolWalletの購入方法と手順

購入商品と数量を決める

リップルXRPハードウェアウォレット,CoolWallet,クールウォレット,海外購入方法

CoolWalletの公式サイトから「BUY NOW」を選択。

リップルXRPハードウェアウォレット,CoolWallet,クールウォレット,海外購入方法

COOLWALLET S(1枚セット)とCOOLWALLET S DUO(2枚セット)があります。
1枚セットはNT$5600(約20,160円)、2枚セットはNT$8800(約31,680円)。

数量を決めて、「ADD TO CART」を選択。

これに送料がNT$450(約1620円)かかります。
ちなみにNT$とは台湾ドルのことで、1NT$=約3.6円ですね。発送元も台湾となります。

リップルXRPハードウェアウォレット,CoolWallet,クールウォレット,海外購入方法

カートの中身が表示されます。ここで数量も変更できます。1個で良い場合はそのまま先に進みましょう。

送料の算出

リップルXRPハードウェアウォレット,CoolWallet,クールウォレット,海外購入方法

カート画面内の「Caluculate shipping」を選択。

リップルXRPハードウェアウォレット,CoolWallet,クールウォレット,海外購入方法,送料計算

プルタブから発送先を選びます。
「Postcode/ZIP」の項目は郵便番号のことで、ここはハイフン有りの郵便番号を入力。

リップルXRPハードウェアウォレット,CoolWallet,クールウォレット,海外購入方法,送料計算

日本だと450台湾ドル(約1620円)前後になります。
ちなみに私は2枚セットを購入しました。

この注文内容で良ければ、「Proceed to checkout」を選択。

請求先と商品送り先住所、電話番号の入力

リップルXRPハードウェアウォレット,CoolWallet,クールウォレット,海外購入方法,送り先入力

請求先と商品の送り先住所、電話番号を入力します。

英語表記での入力が必要ですが、住所はここから簡単に英語表記に変換できます。

電話番号は「+81」を付け、頭の「0」を省略しましょう。

例えばあなたの電話番号が「03-5555-7777」であれば、「+81355557777」。
携帯電話番号が「090-5555-7777」であれば、「+819055557777」に。

アカウントの作成はご自由に。「Ship to different address?」にチェックを入れれば、請求先と商品送り先の住所を別にする事ができます。

リップルXRPハードウェアウォレット,CoolWallet,クールウォレット,海外購入方法,送料計算

「Order notes」の箇所には、何か特記事項などあれば入力します。

クレジットカード番号の入力

リップルXRPハードウェアウォレット,CoolWallet,クールウォレット,海外購入方法,クレジットカード

最後にクレジットカード番号の入力です。JCB,MASTER,VISAが使えます。

Card codeとは、クレジットカードの裏面に書いている3桁のセキュリティコードです。

「PLACE ORDER」を選択すると注文が完了してしまいますので、住所や電話番号が間違っていないかよく見直してからクリックorタップしましょう。

CoolWalletの注文完了

リップルXRPハードウェアウォレット,CoolWallet,クールウォレット,海外購入方法,注文完了

リップルXRPハードウェアウォレット,CoolWallet,クールウォレット,海外購入方法,注文完了

注文が完了して、内容が表示されます。

リップルXRPハードウェアウォレット,CoolWallet,クールウォレット,海外購入方法,注文完了

注文内容のメールが届きます。
確定申告で経費として請求する場合は、オーダーレシートのメールを印刷したものと、クレジットカードの明細書を保管しておきましょう。(税務署への提出は不要です)
 
以上、CoolWaller(クールウォレット)を海外から直接注文する方法でした。

使い勝手や感想は後日、別ページにて書きたいと思います。

【公式サイト】CoolWallet

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円で2017年から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。