リップル(XRP)デスクトップクライアントの使い方と注意点

@マナです。

リップル社のデジタルアセットであるXRPを、デスクトップPC上でウォレットを作って保管できる「リップルデスクトップクライアント」の使い方と注意点を解説しておきます。

秘密鍵が自分で管理できるので、比較的安全性が高い保管方法です。

PC上のみで動作します。

リップル(XRP)デスクトップクライアントの使用方法

利用前の注意点

まず最初に注意してきますが、このデスクトップクライアントは以前リップル社が提供したプログラムコードを、yxxyun氏が変更して作成したものと思われます。

リップル社が提供しているものではなく、あくまで有志が作成したクライアントです。リリースされたのが2016年5月14日で、以降はバージョンアップなどされていませんから、不具合が出ない保証はありません。

ですが秘密鍵が自分で管理できますので、このクライアントが仮に動作しなくなったとしても、Gatehubなど他の方法で資産を取り出すことは可能です。

これを理解したうえでご利用された方が良いでしょう。

リップルデスクトップクライアントのダウンロード~起動

リップル(XRP)デスクトップクライアントの使い方

それではGithubの「https://github.com/yxxyun/ripple-client-desktop/releases/tag/ripple-client-desktop-v1.0.29」から「package.zip」のファイルをダウンロードしよう。

リップル(XRP)デスクトップクライアントの使い方

ファイルを2回解凍する必要があります。「ripple-client」のフォルダまで解凍したら、「RippleClient」をダブルクリックして起動。

アカウントの作成と秘密鍵の保管

リップル(XRP)デスクトップクライアントの使い方,アカウント作成と秘密鍵保管

新規アカウントの作成をしよう。「空のアカウントを作成」をクリック。

リップル(XRP)デスクトップクライアントの使い方,アカウント作成と秘密鍵保管

ウォレットデータファイルが自動作成されるので、適当な名前を付けて保存する。

なお、1PCのデスクトップクライアント上に複数のアカウントを作成できる。
アカウントを増やすたびに新しいウォレットデータファイル・リップルアドレス・秘密鍵が生成されるので、複数のアカウントに分散保管したいのであれば、ウォレットデータファイル名は「wallet1」「wallet2」「wallet3」など、ファイル名は同じにならないようにする必要がある。

リップル(XRP)デスクトップクライアントの使い方,アカウント作成と秘密鍵保管

次にパスワードの設定をしたら「アカウントを暗号化」をクリックする。

リップル(XRP)デスクトップクライアントの使い方,アカウント作成と秘密鍵保管

アドレスと秘密鍵(シークレットキー)が表示される。ここは重要なポイントだ。

この秘密鍵が外部に漏れれば、このアドレスに保管しているXRPは盗まれてしまうことになる。または、秘密鍵データを紛失した後にPCが壊れてしまえば、XRP資産は永遠に取り出せなくなるので、紙に書き留めるか、「Ctrl+C → Ctrl+v」でメモ帳などにコピー&ペーストして保管するなどしよう。この秘密鍵がバックアップ情報になる。

秘密鍵(シークレットキー)を保管したら「はい、シークレットキーを保管しました。」をクリック。

リップル(XRP)デスクトップクライアントの使い方,アカウント作成と秘密鍵保管

これでデスクトップクライアントの準備は全て完了だ。

デスクトップクライアントを使うには、20XRP以上を送金しておく必要がある。つまり、1度このアドレスに入金すれば、20XRP分は永久に戻ってこない事は覚えておこう。

たまに「XRPが全額送金できません」と言う人がいるが、20XRPを残す必要があるからだ。

デスクトップクライアントにXRPを入金する方法

リップル(XRP)デスクトップクライアントの使い方,送金方法

それではデスクトップクライアントにXRPを入金してみよう。

アカウントのリップルアドレスは、上部に表示されている。
この箇所をダブルクリックすれば、

リップル(XRP)デスクトップクライアントの使い方,送金方法

アドレスを範囲選択できるので、「Ctrl+C」キーでコピーしよう。

リップル(XRP)デスクトップクライアントの使い方,送金方法

今回はLedgerNanoSから40XRPをデスクトップクライアントに送金。Destinationタグ(宛先タグ)は不要。

リップル(XRP)デスクトップクライアントの使い方,送金方法

1秒かからずに着金する。

デスクトップクライアントからXRPを送金する方法

リップル(XRP)デスクトップクライアントの使い方,送金方法

デスクトップクライアントからXRPを送金するには、「送金」を選択して、アドレスとXRP数量を入力するだけだ。

リップル(XRP)デスクトップクライアントの使い方,送金方法,destinationタグ

仮想通貨取引所などに送る場合は、Destinationタグ(宛先タグ)の入力が必要になる事が多いので、「Show destination tag」をクリックして、入力箇所を開いて入力しよう。

主な使い方はこれだけだ。

アドレス帳

ップル(XRP)デスクトップクライアントの使い方,アドレス帳

「相手先」をクリックすれば、アドレス帳を作成することができる。1度登録しておけば、毎回アドレスを入力する手間が省ける。Destinationタグ(宛先タグ)もアドレス帳に保管することができる。

ただし、取引所によってはDestinationタグ(宛先タグ)が突然変更になることがあるので、あえてアドレス帳には登録しない事をお勧めする。

ログアウトとログイン方法

リップル(XRP)デスクトップクライアントの使い方

画面右上の歯車マークからログアウトする事ができる。

ログインする場合は、再度クライアントを起動させて、

リップル(XRP)デスクトップクライアントの使い方

「アカウントファイルを選択」をクリック。

リップル(XRP)デスクトップクライアントの使い方

ウォレットのデータを選択し、

リップル(XRP)デスクトップクライアントの使い方

ログインパスワードを入力して「アカウントを作成」をクリックすれば良い。

秘密鍵を再び表示させる場合

リップル(XRP)デスクトップクライアントの使い方,秘密鍵の再表示

秘密鍵を再び表示させる場合は、歯車マークから「Setting」を選択し、

リップル(XRP)デスクトップクライアントの使い方,秘密鍵の再表示

「表示」をクリックすれば良い。

PC上からリップルクライアント全ての情報を消し去りたい場合

PC上からリップルクライアント全ての情報を消し去りたい場合

もしPC上からリップルクライアント全ての情報を消し去りたい場合は、ダウンロード&解凍したリップルクライアントのファイルを全て消去。

PC上からリップルクライアント全ての情報を消し去りたい場合

さらに、「PC>ローカルディスク>ユーザー>@。Appdata>Local」のフォルダの中に「RippleClient」というフォルダが別に生成されているので、これも削除しておこう。

リカバリー(資産復元)する方法

もしPCが壊れてしまった場合は、秘密鍵(シークレットキー)さえあれば別のPCでリカバリーする事が可能だ。

リップル(XRP)デスクトップクライアントの使い方,リカバリー

リップルクライアントをダウンロードして起動したら、「シークレットキーを利用して新規アカウントを作成する」をクリック。

ップル(XRP)デスクトップクライアントの使い方,リカバリー

保管しておいた秘密鍵を入力して「新規アカウントを作成」をクリック。

ップル(XRP)デスクトップクライアントの使い方,リカバリー

ウォレットデータファイルが自動生成されるので、適当な名前を付けて保存。

ップル(XRP)デスクトップクライアントの使い方,リカバリー

パスワードを新しく決めて、

ップル(XRP)デスクトップクライアントの使い方,リカバリー

「はい、シークレットキーを保管しました」をクリックすれば、

ップル(XRP)デスクトップクライアントの使い方,リカバリー

XRP資産の復元が完了する。

 
主な使い方は以上です。分散保管の選択肢の一つとして覚えておいて損は無いと思います。

XRPペーパーウォレットから取り出す場合にもデスクトップクライアントが利用できます。

先述した通り、作成者がバージョンアップをしていない点が少々不安ですが、秘密鍵さえ紛失しなければGatehubなどで資産を復元できます。
Gatehaubに保管していて盗難された人を複数人知っているので私は利用していませんが、秘密鍵を使って一時的にXRPを取り出すくらいであれば問題は無いと考えています。

その後LedgerNanoSに避難させれば安全でしょう。

ではでは。

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。