リップル(XRP)のペーパーウォレットの作り方と注意点

@マナです。
前からリクエストを頂いていた、リップル(XRP)のペーパーウォレットの作り方と、注意点の情報をシェアしておきます。

ペーパーウォレットとは

まずペーパーウォレットについておさらいしておきます。

ペーパーウォレットには、紙にアドレスと秘密鍵(Secret Key)の文字配列、2つのQRコードの情報が印刷されます。

仮想通貨の世界では、秘密鍵(Secret Key)が資産の存在証明に値するので、秘密鍵さえ無くさなければいつでも仮想通貨資産と取り出すことができます。

イメージとしては、ブロックチェーンが巨大な台帳・ATM。
ウォレットは口座。
秘密鍵はATMで自分の口座残高を見たり、振込をするための暗証番号のようなものです。

ペーパーウォレットに秘密鍵が印刷されるので、複数の銀行の貸金庫に保管しておけば、資産は比較的安全に管理できます。
オフライン管理ができるので、”コールドウォレット”とも言われます。

ただし、ペーパーウォレット自体が外部に流出した場合は、資産を盗まれる可能性が高くなります。

リップル(XRP)のペーパーウォレットの作成手順

基礎知識が身に付いたところで、リップル(XRP)のペーパーウォレットの作成手順を解説していこう。

まず、https://github.com/tagawa/ripply-paper-walletのページを開く。

リップル(XRP)のペーパーウォレットの作成手順

「Clone or download」のタブを開いて、「Download ZIP」をクリックしてペーパーウォレットマスターをダウンロード。

ZIPファイルなので解凍しておこう。

リップル(XRP)のペーパーウォレットの作成手順,オフラインにする

ペーパーウォレット作成で重要なポイントその1は「ネットの接続を切ること」だ。
有線LAN接続ならLANケーブルを引っこ抜けば良いし、WiFi接続ならオフにしよう。

必ずネットの接続を切ってから、次の手順に進むべし。

リップル(XRP)のペーパーウォレットの作成手順

「coldwallet-SHA1~~」をダブルクリック。

リップル(XRP)のペーパーウォレットの作成手順

ブラウザが起動して、ペーパーウォレットが作成される。
左はXRPアドレスの情報とそのQRコード。右は秘密鍵の情報とそのQRコード。

もちろん、このXRPアドレスに入ってるXRPは0(ゼロ)。
なので、このアドレスに、自分のXRPを送って保管をする。

「Generate New」をクリックすれば、新しいアドレスと秘密鍵のペーパーウォレットを作ることが出来る。
「Print」をクリックすれば印刷ウィンドウが起動。

プリンターがWiFi接続になっているのであれば、できれば有線接続に変更するのが望ましい。
環境上の問題でどうしても無理であれば、この時点でオンラインにして印刷するしかない。このペーパーウォレットマスターはPCローカル上で作成されているので、第三者の閲覧リスクは低いとは思うが、100%安全とは言えない。

リップル(XRP)のペーパーウォレットの作成手順

ペーパーウォレットを印刷。
(我が家の文鳥は新しい紙を噛むことが好きなのでチェックしにきた)

秘密鍵の文字列を見られたくない場合は塗りつぶしも良い

リップル(XRP)のペーパーウォレットの作成手順,QRコード

なお、ペーパーウォレットには秘密鍵の文字列がもろに表示されているので、「一瞬で文字列を記憶できるような人に見られたら怖い」と思うのであれば、秘密鍵の部分だけ塗りつぶしてQRコードだけを残しておくのも良い。

リップル(XRP)のペーパーウォレットの作成手順,QRコード

QRコードから秘密鍵文字列を取得するには、スマートフォンのQRコードスキャナーアプリから、

リップル(XRP)のペーパーウォレットの作成手順,QRコード

QRコードを読み取れば、

リップル(XRP)のペーパーウォレットの作成手順,QRコード

リップル(XRP)の秘密鍵の文字列を取得できる。

ペーパーウォレットにXRPを送って、残高を確認する方法

リップル(XRP)のペーパーウォレットの作成手順,送信と確認

試しにLedgerNanoSからペーパーウォレットに21XRPを送金してみた。
送信先アドレスは、ペーパーウォレットに書かれたアドレスで良い。ペーパーウォレットではDestinationタグは不要。

今回は「rfn8FGC8sNzzfdKwTy8xWBKMcqfjSDabPH」へ送金。

このペーパーウォレットアドレスにXRPが無事に届いているか確認するには、XRPチャートのサイトを開き、

リップル(XRP)のペーパーウォレットの作成手順,送信と確認
ペーパーウォレットのアドレスを入力すれば良い。

リップル(XRP)のペーパーウォレットの作成手順,送信と確認

無事に21XRPが届いているようだ。
ペーパーウォレットの残高はこのようにして確認することになる。

リップル(XRP)ペーパーウォレットから資産を取り出す方法

リップル(XRP)のペーパーウォレットからXRP資産を取り出すには、リップルデスクトップクライアントを使えば良い。
Gatehubでも可能だが、2段階認証設定していても盗難される事例が報告されているので、私としてはあまりお勧めしない。

デスクトップクライアントの具体的な使い方はこちらのページ紹介している。

このページでは取り出し方の手順だけ解説しておこう。

リップル(XRP)のペーパーウォレットの作成手順,取り出し方

リップルデスクトップクライアントを立ち上げたら、「新規アカウントを作成」をクリック。

リップル(XRP)のペーパーウォレットの作成手順,取り出し方

「シークレットキーを利用して新規アカウントを作成する」をクリック。

リップル(XRP)のペーパーウォレットの作成手順,取り出し方

ペーパーウォレットに書かれた秘密鍵の文字列を入力し、「新規アカウントを作成」をクリック。

リップル(XRP)のペーパーウォレットの作成手順,取り出し方

ウォレット情報のファイルが自動で作成されるので、適当な名前を付けて保存しよう。今回は「wallet-paper1」としておいた。

リップル(XRP)のペーパーウォレットの作成手順,取り出し方

デスクトップクライアントにて、このウォレットを開くためのパスワードを設定する。
「アカウントを暗号化」をクリック。

リップル(XRP)のペーパーウォレットの作成手順,取り出し方

シークレットキーを表示させて、「はい、シークレットキーを保管しました」をクリック。

リップル(XRP)のペーパーウォレットの作成手順,取り出し方

ペーパーウォレットに保管されたリップル(XRP)資産を取り出すことが出来た。
後はこのクライアントから取引所に送金するなり、他のウォレットに移動するなり、自由である。

取引所にXRPを送金する場合は”Destinationタグ”の入力が必要

なお、デスクトップクライアント、ハードウェアウォレットなどから仮想通貨取引所にXRPを送る場合は、Destinationタグ(宛先タグ)の入力が必要な所が多い。

この入力を行わずに送金してしまうと、資産が紛失したままになるケースがあるので要注意である。

リップル(XRP)のペーパーウォレットの作成手順,取り出し方,Destinationタグ

リップルデスクトップクライアントからDestinationタグ付きで送金する場合は、「Show destination tag」をクリックすれば、

リップル(XRP)のペーパーウォレットの作成手順,取り出し方,Destinationタグ

Destinationタグを入力することができる。
LedgerNanoSからDestinationタグ付きで取引所に送る場合は、こちらのページを参考に。

GMOコインbitbank.cc 、コインチェックへXRPを入金する際は、リップルアドレスとは別に必ずDestinationタグ(宛先タグ)が表示されるので、必ず両方の情報を入力しよう。

ペーパーウォレットをどこに保管するか?

悩むのがペーパーウォレットの保管場所
一カ所だけの保管だと火事などによる紛失リスクが高いので、基本的には2~3カ所へ分散保管が望ましいと思う。

候補として挙げられるのは、「銀行の貸金庫(1年間数千円~2万円弱ほどのコスト)」や、自宅(大型耐火金庫があれば)だろう。

小さい金庫だと持ち出される可能性があるのでお勧めしません。

 
以上、リップル(XRP)のペーパーウォレットの作り方と注意点でした。
長期間ホールドするのであれば、ハードウェアウォレットLedgerNanoSと併用して分散保管するのも良いと思います。1ウォレットに全ての資産を保管するのは危険。秘密鍵が1つ漏れたらアウトですよ。

リップル(XRP)デスクトップクライアントの使い方や注意点は別ページで紹介しているので、ご参考頂ければ幸いです。


【この記事で紹介した外部リンク】
https://github.com/tagawa/ripply-paper-wallet(ペーパーウォレットマスターのダウンロード)
GMOコイン
bitbank.cc

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。