分散型取引所KYBERネットワークのメインネットがローンチ

@マナです。

分散型取引所KYBERネットワークのメインネットがローンチしまして早速使ってみましたが、これはもう神ですわ。手間いらずでEthereumトークンとの交換ができる!

何も考えずに、試しにちょこっと使ってみればその魅力がお分かりいただけると思いますよ。

分散型取引所とは

「分散型取引所」という言葉が分からない人のために、ざっくりと解説しておきます。

まず比較のために、私たちが普段から使ってる仮想通貨取引所についておさらい。

例えばZaif(ザイフ)やコインチェックは、中央集権型の取引所です。
メールアドレスとパスワードを設定して登録、本人確認をして、日本円を取引所に入金。売買もこの取引所で行い、購入した仮想通貨はいったんその取引所で預かる形になります。
このタイプの取引所を使うデメリットは、この取引所がハッキングに遭った場合、自分の資産が盗まれたりすることです。

これに対して分散型取引所は管理者が不在で、取引所にEthereumやビットコインをDepostする必要が無いのでハッキングリスクも少ない。Ethereumネットワークが稼働している限り、取引所のダウンも無い。

ウォレットに入れたままいろんな仮想通貨取引ができるので、例えば「1Ethereumを100OMGに換える取引」をした場合、交換通貨はそのままウォレットに保管されます。「取引所にBTCやEthereumを送って、トークンを買って、そのトークンをウォレットに避難させて・・」という手間が一切不要になる。

今まで存在していた分散型取引所は、有名なところだとEtherDeltaやOpenLedgerがありますが、出来高が少ないので交換平均レートが相場よりかなり上下してしまうデメリットがありました。

はい、予備知識のおさらいでした。

KYBERネットワークでイーサリアムとトークンの交換をしてみよう

分散型取引所KYBERネットワークのメインネットがローンチ

使ってみた方が素晴らしさが分かるので、チャチャっとやってみましょう。
まず、https://kyber.network/にアクセスして、

Accept~~の箇所にチェックを入れて「GET STARTED」を選択。

分散型取引所KYBERネットワークのメインネットがローンチ

METAMASK、TREZOR、LEDGER、JSON、秘密鍵をインポートすることが出来ます。
秘密鍵の入力が不安であれば、TREZORやLEDGER使えば良いです。METAMASKも便利ですよ。

METAMASKと連携する場合

分散型取引所KYBERネットワークのメインネットがローンチ

とりあえず、最初にMETAMASKから解説します。METAMASKはパスワードを入力してUNLOCKしておく必要があります。

KYBERNETWORkとMETAMASK

METAMASKを選択。

欲しい通貨を選ぶ。

"KYBERNETWORkとMETAMASK

決まったら「EXCHANGE」を選択。これで取引完了。購入した通貨は、すぐにウォレットに反映されます。Changellyより簡単で安い。

"KYBERNETWORkとMETAMASK

Advancedをクリックすれば、

"KYBERNETWORkとMETAMASK

取引した仮想通貨をウォレットに送るための手数料を調節することができます。
スタンダード手数料でも1ETHの取引に対して10円くらいですから、中央集権型取引所で払っている手数料に比べれば激安。

交換レートについて

KyberNetwork交換レート

1ETH取引に対するOMGの交換レートを、KyberとBinandeで比較していみました。

KyberNetworkの方が少し割高ですね。
ですが中央集権型取引所に基軸通貨を送る手数料、取引手数料、スプレッド、Goxリスク、時間コストを考えれば、割安かもしれません。

Kyberでは現在は1取引き3000USDドルまでとなっていますが、いずれ15,000USDまでになるそうです。多く購入するほどスプレッドによる取得額が下げられる可能性は高くなりますね。

LegderNanoSとの連携

LedgerNanoSでイーサリアムやトークンを管理している場合は、端末側のブラウザサポートをONにしておく必要があります。

KyberNetworkとLedgerNanoS連携

そしてhttps://kyber.network/にアクセス後、LEDGERを選択。

KyberNetworkとLedgerNanoS連携

自動的にLedgerが選択されているはずなので、利用するアドレスを選ぶ。

あとは先に解説した通りに取引すれば完了。

今日現在で取引できる通貨

  • Ethereum(ETH)
  • Aelf (AELF)
  • Basic Attention Token (BAT)
  • Decentraland (MANA)
  • EOS (EOS)
  • Gifto (GTO)
  • Kyber Network (KNC)
  • OmiseGo (OMG)
  • Power Ledger (POWR)
  • Request Network (REQ)
  • Status Network (SNT)

まだこれしか取引できませんが、今後増えていくことでしょう。

その他KyberNetWorkの情報と今後

KyberNetworkのメインネット公開はロードマップでは2018年の4月頃でしたので、早いペースで開発が進んでるようです。
2019年にはクロスチェーンでの取引も予定しているとのこと。つまり、BTCなどEthereum以外のブロックチェーンとの交換が可能になる。

Ethereumの開発者であるVitalik氏がアドバイザーになっていることもあって、今後も期待値が高いプロジェクトだと思います。

分散型取引所は日本円やドルなどの法定通貨と交換できないので、中央集権型取引所は今後も生き残るとは思います。ですが、分散型取引所に押されて需要は縮小していくんじゃないでしょうか。分散型取引所であるKyberNetworkの使い勝手と簡便性が高過ぎる。

分散型取引所でのクロスチェーン取引が拡大していけば、中央集権型取引所や高い手数料でピンハネしている日本の販売所形式の取引所も衰退していくかもしれませんね。いろいろとぼったくり過ぎでしょう。

ではでは。

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円で2017年から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。