仮想通貨確定申告納税時期延長

@マナです。
ご存じない方もいるようなので、一応シェアしておきます。

確定申告をして納税の必要がある場合、今年の納税期限は通常だと2018年3月15日(木)ですが、口座振替にすれば2018年4月20日(金)まで延長することできます。

国税庁ホームページ「主な国税の納期限(法定納期限)及び振替日」に書いております。

振替納税は申告が必要

振替納税にする場合、予め最寄りの税務署に「納付書送付依頼書」を提出する必要があります。
「納付期限まで」と書いてあるので、3月15日までだと思いますが、振替納税するなら早めに提出しておいた方が良いと思います。

2017年仮想通貨利益分の納税期限は振替なら4月20日まで延長可能

↑こんなのです。国税庁のこのページからダウンロードできます。

「この銀行口座から振替して納税します!」という書類ですな。これを最寄りの税務署に提出しておけば、納税を4月20日まで延長する事が可能。利子税は無しです。

最長5月31日まで延納も可能

利子税はかかりますが、納税分の50%は最長5月31日まで延納できます。
これも国税庁のページに書かれていますので、引用しておきます。

 
Q34 延納を利用するには、どのようにすればよいのですか。
A 延納には、所得税及び復興特別所得税の延納と贈与税の延納があります。

(1) 所得税及び復興特別所得税の延納

所得税及び復興特別所得税の確定申告分については、平成30年3月15日(木)まで(振替納税の場合は平成30年4月20日(金)に納付すべき税額の2分の1以上を納付すれば、残りの税額の納付を平成30年5月31日(木)まで延長することができます。延納期間中は年1.6%の割合で利子税がかかります。所得税及び復興特別所得税の延納の詳しい手続については、「確定申告の手引き」をご覧ください。

via:https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/10.htm

年1.6%ということは、1カ月0.13%の利子税がかかるということです。
延納方法や申請については、最寄りの税務署へ確認してください。

ではでは。

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。