PawnHeroのICO「ヒーロートークン(Hero Token)」に参加

@マナです。
仮想通貨市場は大きな暴落中でトレードはお休み中につき、ちょっと噂に上がってたヒーロートークン(Hero Token)のICOに参加してみました。

軽くご紹介しておきますのでご興味あれば読んでください。

PawnHeroとは

PawnHero,ICO,ヒーロートークン

PawnHeroはフィリピン(マニラ)の新興フィンテック企業のPawnHeroが手掛けるICOで、ソフトバンクと中国のAlibabaなどが出資してる企業らしい。
ソースを色々調べたんですが、ソフトバンクの出資については関連会社のファンドが資金提供しているらしく、直接ということではないっぽい。

最近のICOは提携やパートナー表示が嘘を書きまくってるものが多すぎるので、ソースを含めて調査はそれなりにしなければいけません。

PawnHeroプラットフォーム

PawnHeroはオンライン貸金で、こちらは2015年から開発をして既にフィリピンで利用されているらしい。数カ月前の情報だと利用者は5000人。

仕組みを調べてみると、スマホで担保に入れるアイテムの写真等の情報を送り、その評価額が表示される。担保商品を送れば銀行口座に振り込まれる。この時点ではまだローン。ローンを返済すれば担保に入れたアイテムを返してもらえるというもの。

確かにマイクロファイナンスの仕組みとしては便利だと思います。

で、このPawnHeroが事業拡大の為にICOを行うらしい。

ヒーローオリジントークン(Hero Origin Token)について

ヒーロートークンのホワイトペーパーを読んだんだ限りで把握できたことを書いておきます。

発行量など

1ETH=200HERO(シンボルはHERO)。ERC-20トークン。
最大共有量は5千万トークン(25万ETH相当)。ICO終了時点で25万ETH以下だった場合、未発行のトークンは焼却される。

用途

HEROトークン保持者には、プラットフォーム利用売上金の最大20%を配当。つまり、配当系のICOです。
また、トークン保持者はHero Capital Market Platformを永久に利用できる。Hero Origen Tokenの所有者は、Hero Capital Market Platformでの資金調達の機会を最初にオファーする比例権を受け取る。

上場先

3月にQRYPTOS取引所に上場予定。QUOINE取引所のQASHが上場されている取引所。上場が決まってるので何とかなるでしょう。この辺は楽観視。

調達状況とボーナス

ヒーロートークンの資金調達状況

既にソフトキャップは達成しているので、プロジェクトが進行することは決定されています。今3000万トークンくらいの発行でしょうか。

2月3日まで+10%ボーナス、7日まで+5%、14日目まで+2.5%、それ以後はボーナス無しで、2018年2月28日にICO終了。

Hero Capital Market Platoforu(ヒーローキャピタルマーケットプラットフォーム)について

ヒーロートークンとは

「PawnHeroがICOして何を作るんだ?」について、ざっくりと書いておきます。

調達した資金でHero Capital Market Platoforu(ヒーローキャピタルマーケットプラットフォーム)を作って、そこでは無担保のローンを行えるようになるらしい。

HeroTokenヒーロートークンの仕組み

PawnHeroでは完全に質入れローンですが、ICO後に作られるプラットフォームでは、ウェブ上での信用性評価から与信スコアを付けられて、「あなたはSNSなどで本人確認も取れるし、信用できるので無担保でお金を貸せるよ」という仕組みが構築されるようだ。

ローンを完済すればさらに与信スコアが高くなって、より多額のローンが組めるようになる。

つまり、銀行から融資してもらえない人、質入れ出来ない人にも、ローンを組めるようにしよう、という趣旨のプロジェクトのようです。東南アジアに利用者を広げていくことを目的としているようですが、まずはフィリピン国内からでしょう。

日本でもソーシャルレンディングが生まれて利用者も拡大している事から考えると、仕組みとしてはまぁ有りか?債権者に飛ばれたらどうなるんだ?という不安はありますが、信用性スコアと与信評価の仕方がキーになりそう。

まだスタートアップしたてで、フットワークも軽い会社だからICOに踏み込めたのでしょうね。
PawnHeroが稼働しているぶん、何もプロダクトが無いICOよりはマシ、上場も決まってるので、少し参加してみるか・・・という判断に至りました。

以上です。

【追記】ヒーロートークンICOの参加方法

ヒーロートークンICOの参加方法

一応、本ICOの参加方法を書いておきます。このICOはKYCが必要ですので、パスポートや免許証が必須です。

まず、ヒーロートークン(Hero Token)ICOページから、メールアドレス、ユーザーネーム、名前、パスワードを入力。

ヒーロートークンICOの参加方法

トークンを受け取る予定のイーサリアムアドレスを入力。取引所のアドレスはNGですので、MyETherWalletのアドレスを入力します。

【関連記事】MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の基本的な使い方

ヒーロートークンICOの参加方法

規約を読んでチェックを入れ、

ヒーロートークンICOの参加方法

2段階認証設定をする。

ヒーロートークンICOの参加方法

メールが届くので、リンクをクリックしてメール認証。
これでマイページを見ることができる。

KYCをやっておく

ヒーロートークンICOの参加方法KYC

次に、KYC(本人確認)をやっておこう。「identity verification」を選択。

ヒーロートークンICOの参加方法,KYC

上記に従って入力。ローマ字です。英字で住所の書き方が分からない場合はJuDressが便利です。

一番左下の「identification type」は多くの人はパスポートになると思います。私は運転免許証の国際ライセンスがあったので「Driver Lisense」にしました。

ヒーロートークンICOの参加方法,KYC

身分証をアップロード。表、裏、セルフィーの3種類が必要です。

ヒーロートークンICOの参加方法,KYC

最後にSubmitで完了。

ヒーロートークンICOの参加方法

ダッシュボードのステータスが「Pending」になりますが、数時間で「Verified(確認済)」になりました。

トークンセールに参加

ヒーロートークンICOの参加方法,,購入方法

最後に購入方法。メニューの「Token Sale」を選択。

ヒーロートークンICOの参加方法,,購入方法

注意書きを読んで「Buy Hero Token」を選択。

規約を読んで「Continue」を選択。

ヒーロートークンICOの参加方法,,購入方法

ETH、BTC,ETC,XRP、LTC,Waves、BCHで支払いできます。

手続きが一番簡単なのはETHで、表示されたアドレスに送るだけ。
BTCやBCHは送った後にハッシュ、トランザクション、署名の手続きが必要でちょっと面倒です。私はBCHで参加。

XRPでの参加はお勧めしません。送金後のハッシュや署名の入れ方が公式の説明を読んでも私は分からなかったので、多分公式側の勘違いなんじゃないかなぁ、これ・・。どうしてもXRPで支払いたい人は公式の直接聞く必要があると思います。

WAVESは持って無いので分かりません。

ヒーロートークンICOの参加方法,,購入方法

トークンはICO終了後にダッシュボードに反映されるとのこと。
反映されたら登録したイーサリアムアドレスにHEROトークンが配布される流れ。

 
以上、PawnHeroのICO「ヒーロートークン(Hero Token)」についてでした。ご興味を持って参加される方は自己責任でどうぞ。
ではでは。

ヒーロートークン(Hero Token)ICOページ

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。