2018年の仮想通貨売買方針と関わり方

こんにちは、@マナです。

今年の仮想通貨売買の方針と関わり方を少し書いておこうと思います。

仮想通貨売買方針と関わり方

  1. 基本はホールド、売買はしない
  2. 余剰日本円の半分は仮想通貨に換えていく
  3. 情報を追う
  4. 無理はしない

 
この4つのみです。

基本はホールド、売買はしない

2017年を振り返ってみれば、売買せずにホールドするだけでも大きなリターンになりました。

もし沢山売買した場合、利益が4000万円を超えれば半分は税金で持っていかれてしまいます。そうなった時にはキャッシュが足りなくなる可能性も高いので、仮想通貨資産を日本円に換える必要があります。

今後伸びる可能性がある仮想通貨をキャッシュに換えるのは勿体ない。
情報を追っている限りでは、2018年は仮想通貨市場が一気に拡大すると予想しています。世界中から沢山のお金が流れてきます。

それなら売買せずにホールドしたままの方がパフォーマンスは高くなるだろう、という見方です。

ですが、最近いろんな人が「2018年で仮想通貨バブルは一旦収束するかもしれない」と言い始めている点は注視しておこうと思います。

余剰日本円の半分は仮想通貨に換えていく

次に、余剰の日本円はどんどん仮想通貨に換えていこうと思います。

「2018年1月から仮想通貨を購入してみよう」と思って行動し始めている人が多いようですので、余剰資金は早めに仮想通貨に換えることにしました。まだバブルが続きそうなので乗っかっておこうかなと。

半年も寝かせていればそれなりのリターンは得られるだろうと楽観しています。日本円のほとんどをビットコインキャッシュに換える予定です。

半額になったら悲しいですが、そういう展開も覚悟して突っ込みます。

ICOへの参加について

ICOに参加する場合も利確と見なされるようですので、この場合は都度日本円をイーサリアムなどに換えて参加しようと思います。

税金の計算が面倒くさいので。

情報を追う

仮想通貨市場の変化を見るのは楽しいと感じていますので、今後も情報は引き続き追っていこうと思っています。

ブログを書くことも趣味の一環になっていますしね。自分が得た情報はなるべくシェアしていきたいと思います。

なるべくバイアスを少なくして書くつもりですが、ポジショントークゼロ・まったく中立な意見や情報を書くことは不可能だと思いますので、お読み頂く方はご理解願います。

無理はしない

去年は仮想通貨病になったことで、「このままの生活じゃダメだ」と痛感しました。ですので、絶対に無理はしないように心がけたいと思います。

仮想通貨を購入すると、資産の上下が激しく、毎日興奮したような状態が続きます。
睡眠不足・過度の緊張状態が続くので、自分が思っているよりも体と精神は消耗しています。

最近仮想通貨投資を始めた皆さんも気を付けてください。私の他にも入院してしまった人がいます。

ではでは。

このブログを書いている人

仮想通貨ブログ

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。