こんにちは、@マナです。

私の妻の仮想通貨購入分は半年近く含み損を抱えていましたが、ようやくプラスマイナスゼロのところまで来ました。

家計を共にしている私としてはホッとしています。

最初の購入通貨はXRPとNEM

XRPチャート

5月のアルトバブルに参入した方なら皆さんご存知かと思いますが、この頃はXRPが55円、NEMが40円近くまで暴騰しました。

私の妻はピーク時の1週間前にXRPとNEMを合計500万円ほど購入。
ちなみに購入通貨を選んだのは妻自身で、私はほぼ何もアドバイスしていません。つまり完全な素人買いです。

「また伸びるかも」と思っていたらそこからジワジワと下落して、極めつけが2017年8月のビットコインハードフォーク。含み損が300万円くらいになってさすがに焦りました。

たまに妻から「どうなってる?」と聞かれて、「あー、半額くらいになってる」と言うとさすがに焦ってました。

最終的には「どうなってもいい、任せた!」と言われたのですが、そのままホールドすることにしました。

私もその頃はアルトはまだ伸びると思っていたのですが、完全に甘かった。

成功体験が邪魔をする

損切りって大事ですねぇ。。含み損を抱えていても、「ちょっと前にこの値段まで伸びたんだから、また”いつかは値上がりするんじゃないか”と思ってしまっていたんです。

思いとは裏腹に、XRPもNEMも下がり続け、ビットコインは順調に伸びている。

仮想通貨ビットコイン相場

それでも、「持っているアルトコインはまたいつかは伸びるかも」と思って握り続けていたら、まだまだビットコインは伸びる。

「いつかって、何時なのよ??」ですよ。

過去の成功体験が邪魔をする・・・ってやつです。

ホリエモンがたまに「諸行無常」という言葉を使いますが、仮想通貨市場の局面は常に変わる。しかも凄いスピードで。過去の成功体験は全部捨てて、今と先を考えて行動しなきゃダメだなと痛感。

アルトコインの多くは円建てでは変化が無いのですが、ビットコイン建てでは下がる一方。
多額の含み損を抱えたアルトコインを握り続けた結果、単純に機会損失してるだけと判断しました。

1度高騰してジワジワ下落したアルトコインが再び高値に戻るためには、1回目高騰時の2倍くらいの買い圧力が必要になるケースが多いんです。

含み損を抱えていた層が「どうせまた下がる」と思って、含み損解消するところで手放す人が多いから。そんなに簡単には元の値段に戻りません、はい。

思い切って損切りしてビットコインに換え、Binanceで少しトレード

妻にアルトコインを全部損切りさせました。換えたのはビットコインです。

この時1BTC=70万円くらいでしたが、勿論不安です。一気に値上がっていた時ですし、ビットコインだって暴落リスクは常に抱えていますしね。

手に入ったビットコインは240万円分くらい。
「参入した時ビットコインだけ買っていたら、今頃6倍くらいの枚数持っていて大きな含み益出てたのか・・」と思いましたよ。思ってもどうしようもないと分かりつつ、一瞬過去を振り返ってしまうものです。

この後にビットコインの先物取引開始のニュースが発表されて、ビットコインはさらに伸びました。

アルトコイントレードではリターンを期待できる銘柄が多いBinance(バイナンス)取引所で、私がリサーチして狙いを定めていたものに対して少しだけトレードさせ、+1BTC増やすことが出来ました。

そして昨日、ようやく含み損から脱出したところで妻に報告。「JPYに換えて撤退する?」と聞いたところ、「そのままでいいよ。ビットコイン持ち続ける。」とのこと。

これからまたどうなるかは分かりませんが、ひとまず区切りとして、仮想通貨ド素人な妻の売買経過を書いてみました。

さいごに:これから仮想通貨を購入するなら

これから仮想通貨を購入したいと思ってる人もいらっしゃると思います。

このエントリーで書いたように、選ぶ通貨や購入するタイミングによっては、長期間大きな含み損を抱えてしまうリスクが付きものということを頭に入れておいてください。

もし低リスクにしたいなら、Zaif(ザイフ)のコイン積み立てでビットコイン・イーサリアムの2つにするのが一番まともだと思っています。
といっても基本はお好みでOKだと思いますが、特徴と現状、歴史は頭に入れておいた方が良いと思います。

特定の仮想通貨をホールドし続けることは、長期間含み損を抱えたまま、もしくは価値が無くなってしまうリスクもあります。

だから余剰資金で買うこと。
仮想通貨は投資じゃなく投機。ギャンブルに近い要素があります。まともな実需があるのはビットコインくらいで、その他の通貨はまだ実験段階、プロジェクトが実現されるかどうか分かりません。

儲けている人がSNSなどで取り上げられて目に付きますが、誰もが利益を得られる世界ではありません。損をする人がいるから、得をする人がいる世界です。全員が儲かることはありません。
変に高望みせず、夢を見ず、生活を犠牲にするようなお金の使い方はしないことです。

このブログを書いている人

仮想通貨ブログ

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。