こんにちは、@マナです。

このエントリーは完全に個人的な予想・妄想で書いていますので、予めご了承ください。

ビットコインダイヤモンド相場の高騰

2017年11月24日にフォークされたビットコインダイヤモンド(BCD)は、Binance(バイナンス)取引所で最高値がビットコインの1.3%にもなりました。現在は1%くらい。

1BTCに対して10BCD配付されたので、ビットコインをこの取引所に置いていた人は最高13%の利益を得られたことになります。100万円分のビットコインを保管しておくだけで13万円増えた結果になります。

これを見た多くの人は「しまったー!Binance(バイナンス)取引所にビットコイン保管しておくべきだった!」と思うのではないでしょうか。(私もですが)

ビットコインはこれから5回もハードフォークがある

で、これから1カ月間ちょっとの間、ビットコインは5回もハードフォークを控えています。

今後のビットコインハードフォーク予定

  • 12月15日頃:Super Bitcoin(スーパービットコイン、498888ブロック)
  • 12月23~24日11月28日:Bitcoin Platinum(ビットコインプラチナム、500000496525ブロックに突然変更!!)
  • 12月31日頃:Bitcoin Uranium(ビットコインウラン、ブロック不明)
  • 1月2日頃:Bitcoin Cash Plus(ビットコインキャッシュプラス、501407ブロック)
  • 日時不明:Bitcoin Silver(ビットコインシルバー、ブロック不明)

※今日現在のブロック高に対して、1ブロック平均10分で進行すると仮定して日程を算出しています。

普通に考えたら、フォークされたコインはみんな欲しがるんじゃないでしょうか。ビットコインを持っていて、付与対応する取引所に保管するだけでOK。
残り5回のフォークコインが付与されて売り抜けたら、かなりの収益が見込めるかもしれません。

アルトコインは少し好調になってきましたが、再びビットコインへリバース

アルトコインの相場

Segwit2×のハードフォークとビットコインキャッシュのお祭り相場が終わって、再びアルトコインに活気が戻りそうな気配はここ数日感じていました。

ですが、ビットコインダイヤモンドに予想外の高値がついてしまったものですから、「1月2日のハードフォークが終わるまでビットコインに戻しておこう」と思う人が増えるんじゃないかな。1ケ月前、ビットコインゴールド付与とSegwit2×HFに向けたBTC換えが再現される。

そうなれば、ビットコイン相場はさらに高騰、アルトコインは円建てでは変わりませんが、ビットコイン建てでは下落調子に。

さらに、フォークコインを売り抜ける層がBTC買いに走るので、さらにビットコイン相場を押し上げる材料になるかもしれません。

ビットコイン100万円相場

ビットコインはもうすぐ100万円にタッチしようとしています。SNSを見ていると、100万円になったらショート(売り)をかけようと思っている人が多いようです。

ですが、ハードフォークの影響でもしかしたら100万を突き抜けていくかもしれない。しかし、確定申告者が税金支払い分のビットコインを日本円に利確しようとする動きも出てくるでしょうし、ボーナスをつぎ込む層も出てくること、年末までには先物取引開始も考えると、ビットコイン相場の動きは「???」ですが、私は100万円突き抜けていくんじゃないかと考えています。

特に先物取引開始でどうなるか、これが相場を大きく動かそう要素になりそう。誰かが「売りから入れば暴落する」と言ってましたが、そういった可能性は本当にありますので。

フォークコイン付与を狙ってBinance取引所利用者増加中

今後のビットコインハードフォークによる付与を期待して、Binance(バイナンス)取引所利用者が増加中だそうです。

日本の取引所ではフォークコインの付与は期待できないでしょうし、フォークコインの付与や上場対応も即日というスピード感、アルトコインの上場も早いですしね。

日本語も対応しているので、フォークコイン付与やアルトコイン売買益を狙っている方は開設しておくと良いと思いますよ。簡単ですので。

仮想通貨市場は取引所の栄枯盛衰も激しいですね。今年のGW頃まではPoloniex利用者が多かったのですが、対応が悪化してBittrexへ、次はBinance。仮想通貨取引所の生き残りも大変そうです。

※このエントリーは完全に個人的な予想・妄想で書いていますので、予めご了承ください。

このブログを書いている人

仮想通貨ブログ

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。