ビットコインダイヤモンドの相場

おはようございます、@マナです。

昨日はBinance(バイナンス)取引所でビットコインダイヤモンド(BCD)が配布され、既に売買が開始されています。
相場はなんと1BCD=0.0075~0.009BTC(約7000~8000円)。

今回のハードフォークでは1ビットコインにつき10BCDが配布されたので、この取引所にビットコインを置いていた人は売り抜けて結構な利益を得ているようです。。

1ビットコイン保管しておけば約0.08BTC(約7万円)ほど、10BTCなら約70万円、100BTCなら約700万円タダで手に入ったことになります。普通じゃありえない現代の錬金術。

ビットコインキャッシュだけでも既に最大40%のリターンが獲得できていたことに加えて、ビットコインゴールドは約4%、ビットコインダイヤモンドで約8%。

8月から今日までのハードフォークによる利益を合計すると、最大52%プラスということになりますな。(マジかー!)

今回はBinance(バイナンス)取引所にビットコインを保管していた人が成果を上げる結果になりました。

私は配布取引所に保管していなかったので、またもやチャンスを逃しました(*_*)
配付される取引所の記事は書いていたのに、こんなに高値になるとは予想外でした。

日本の取引所で対応発表していたのはBTCBOXのみ

ビットコインダイヤモンド配布の声明を出していたのは、日本の仮想通貨取引所ではBTCBOXさんのみ。

他の仮想通貨取引所では声明を見ていません。コインチェックではビットコインゴールド、Segwit2×を最後にアナウンスも出していないようです。Zaif(ザイフ)ビットフライヤーも同様。

GMOコインさんはBTGの時に「ウチは配布しないので、欲しい人は他の取引所にBTCを移動させてください」とアナウンスしていましたね。

他の取引所のCEOのTwitterを見ると、ハードフォークの度に社内業務が増加することに疲れを感じているようですので、このままスルーしていくのでしょうか。

未だにビットコインゴールドも配布されていませんし、取引も行われていないので、仮に対応されるとしても1カ月後とか、来年になるように思われます。

ビットコインは今後もハードフォーク祭り

ビットコインはこれからもたくさんのハードフォークを予定しています。

今後のビットコインハードフォーク予定

  • 12月12~12日頃:Bitcoin Platinum(ビットコインプラチナム、496525ブロック)
  • 12月15日頃:Super Bitcoin(スーパービットコイン、498888ブロック)
  • 12月31日頃:Bitcoin Uranium(ビットコインウラン、ブロック不明)
  • 1月2日頃:Bitcoin Cash Plus(ビットコインキャッシュプラス、501407ブロック)
  • 日時不明:Bitcoin Silver(ビットコインシルバー、ブロック不明)

※今日現在のブロック高に対して、1ブロック平均10分で進行すると仮定して日程を算出しています。

 
ここまでハードフォークが多くなると、おそらくほとんどの仮想通貨取引所も呆れて対応しないことが考えられます。

もしハードフォークしたコインが欲しい場合は、今のところ柔軟・迅速に対応してくれると考えられるのは、今回もBinance(バイナンス)取引所くらいかもしれません。

ビットコインゴールドの対応が早かったhitBTCでも、ビットコインダイヤモンドの対応は行いませんでしたね。

もうビットコインだけ持っておけば、ハードフォークで儲かるんじゃないんですか。

いつかこのシワ寄せがやって来そうに思いますが、付与対応取引所が少なくなってきてますし、今後の市場成長見込みに対してまだ時価総額はそれほど大きく無いので、そんなに心配する必要も無いのかなと考えています。

もうすぐハードフォーク祭りも収束しそうですね。

このブログを書いている人

仮想通貨ブログ

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。