ビットコイン先物取引開始伝播

こんばんは、@マナです。

2017年12月中にはCMEグループによるビットコイン先物取引開始が予定されていますが、今日になってスイス銀行やCboeも先物取引開始を発表。JPモルガンもビットコイン先物仲介への参入を検討。

「ぬぬ、CMEが先物開始?!我が社も続けー!」という状況になりそうです。

【外部サイトリンク】
Options Exchange Giant Cboe Reveals Bitcoin Futures Specs(巨大なオプション取引所Cboeがビットコイン先物を表明)
スイスの銀行ボントベル、ビットコインの「ミニ先物」上場へ

米JPモルガン、ビットコイン先物仲介への参入を検討 米報道

ビットコイン相場は93万円を突破、これからどうなるのか

ビットコイン相場93万円

ビットコイン相場は93万円を突破。一体どこまで上がるのか。
アナリストは「来年には200万円に達する」「いや、300万円になる」と言ってるのを見かけます。

去年の12月時点では、「2017年は2000~3000ドルになる」という意見が多かったようですが、結果は予想を遥かに超えて現在8000ドルオーバーです。

ついに大手金融機関が介入し始めた事で、次はETFも始まると噂もされています。(既にETNは始まっています)。

私が個人的に思っていることですが、来年の今頃は予想を遥かに超えているんじゃないかなと。どういう予想かですが、思いっきり暴落する可能性が1割、思いっきり高騰する可能性が9割です。

仮想通貨市場はいつも予測不可能な展開で進んでいるからです。多くの人の予想を裏切った結果になるんじゃないかと考えています。

ビットコインは少額決済には不向きになった

1ビットコインが93万円までになってしまうと、もはや少額決済には不向きになってきました。
手数料も高いですし、完全に高額決済向けになりつつあります。さらに機関投資家の参入も増えてきそうですから、「価値の保存」「金融商品」としての扱いにシフトしつつあるのを感じています。

「じゃぁ少額決済は何を使えばいいのか?」と考えれば、「ビットコインキャッシュでは?」という人がいますが、私の考えではビットコインキャッシュがビットコインに釣られてこのまま値上がりしていくのであれば、ビットコインとあまり変わらない扱いになってしまうのではないかと。

そこで見直されてくるのがライトコインだと思っていて、決済スピードも速いですし、流通枚数もビットコインの4倍です。単価もそんなに高額ではないので、少額決済の立ち位置としては便利な存在になるんじゃないかと考えています。

いろんな国が法定通貨の暗号通貨版を出そうとしていますが、これが流通するのであれば決済用の暗号通貨の大部分が不要になるかもしれません。
ですが日本では作ることは無いというニュースが先日出ていましたし、国をまたいでその国の貨幣と交換する必要が無い仮想通貨の需要はこれから増えていくと思うので、いずれライトコインが存在価値を大きくするのでは、と考えています。

このブログを書いている人

仮想通貨ブログ

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。