ビットコインダイヤモンドのハードフォーク

どーも、@マナです。

2017年11月25日はビットコインダイヤモンドが誕生するようですな・・・。ブロック高は495866でフォークします。公式サイトも出てます。

というか、ビットコインのハードフォークが大流行の兆しで、さすがに飽き飽きしてる頃ではないでしょうか。

ビットコインダイヤモンド

発行枚数はビットコインの10倍なので、1ビットコインにつき10のビットコインダイヤモンドが付与されるらしい。

ブロックサイズは8MB・・・ってビットコインキャッシュのパクリ。マイニング方式がGPUで、一応リプレイプロテクションは「YES」になっています。いや、どうでもいいんですけどね。

配付される取引所

ビットコインダイヤモンド配付取引所

さすがに取引所側も「付き合ってられるか!」な姿勢を見せ始めたらしく、配布取引所はほとんどありません。

日本の取引所だと、BTCBOXさんがサポートするようです。私はずっと前に登録したけど、アカウントすら忘れてしまった。。。確か出来高がめっちゃ少ない取引所です。金融庁の認可は完了しています。

どこかの先物で1枚3000円の価値が付いているみたいです。
ダメでしょう、そういうことしちゃ。だからフォークが止まらないんです。

【追記】
ビットコインダイヤモンドの運営は、取引所がアナウンスしていない状況でサイトに掲載しているようです。
真偽の確認は取引所側に聞いてみましょう。

対応ウォレット

ビットコインダイヤモンド対応ウォレット

対応ウォレットの一覧↑。聞いたことがあるのはBitGoですが、使った事がありません。

【追記】
ウォレットの対応も公式側が何もアナウンスしていないそうです。つまり、ビットコインダイヤモンド側が勝手に言ってるだけ・・・ということになります。ヤバイ団体です。

ほか、日本の仮想通貨取引所のCEOの反応

コインチェックの和田さん

ビットコインのハードフォークも飽きましたね。頼むから先物価格付けるととか止めて欲しいと願うばかり。

とはいえ、取引所は手数料収入で利益を上げているので、取引が増えるほど収益が上がるから、サポートしちゃうところもあるんでしょうね。

Zaifの朝山さん

ハードフォークによるウォレット対応や新規銘柄上場の対応は、取引所側も大変なようです。

さいごに

ビットコインのハードフォークはお腹いっぱいです。

2018年1月2日はビットコインキャッシュプラスが誕生予定だそうですね。これもビットコインのハードフォークです。ビットコインキャッシュのハードフォークではありません。

ハードフォーク祭りも近いうちに終焉するとは思いますが、これが非中央集権的で自由な通貨・ビットコインの特徴でもあるんですよね。

【追記】
11月23日、Binance(バイナンス)取引所で配布されるアナウンスがありました。日本語対応取引所なので、早期付与早期売買を狙う方はこちらのご利用選択肢があります。

このブログを書いている人

仮想通貨ブログ

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。