リップル(XRP)の利確目標は1000円、5年~10年ホールドスタンス

@マナです。今日は大した値動きも無くのんびりとした日曜日ですね、

先日、リップル(XRP)の利確目標額とホールド予定期間をツイートしてみたところ、予想外に沢山のリツイート&イイネ頂いております。

この事から読み取れるのは、日本人にリップル(XRP)ホルダーがそれなりに多い事と、その御方達のリップルの未来を信じている強さが大きいこと、でしょうか。

あと、リップル社とXRPが使われる未来を信じていて、結束力をより強いものにしたいからかな・・などなど、いろんな事を感じたのであります。

リップル社のやり方に対する批判と価値のインターネット実現について

「PoWこそが仮想通貨(暗号通貨)の正である」と考えている人の中には、しばしば「リップル(XRP)はお布施ビジネス」「プロパガンダに騙されるな」「やり方が嫌い」などいろいろな批判をしてくることがあります。

物事にはいろんな見方や表現があるので、↑のような否定的な言われ方について私は「その表現や見方も間違っては無いよね」とは思います。リップル社は目下の目標として銀行で国際送金に利用することでありながら、個人にXRPを売って、それを会社の運営資金にしてる状況でもあります。

「リップル社は”価値のインターネット(IoV)”という最終目標を掲げているけど、こういう漠然とした目標を謳っておけば、個人にXRPを売る理由にもなるよね、ズルイよね」と思う人もいるでしょう。

この意見については反論出来なくて、私も価値のインターネット論に関しては正直言うと疑心暗鬼。目標なんて誰でも自由に設定できる。

ですが、私は疑心暗鬼に感じているのはリップル社のIoVに対してだけじゃなくて、ビットコインを含めて仮想通貨プロジェクトほとんどです。「どれも実験段階で将来どうなるか分からない」という点では共通していると思います。

そんな状況の中。一体いつになったらリップル社の言う”価値のインターネットの未来”が実現するのか?と考えれば、結構遠~~~い未来のお話しだと思っています。
なぜなら、仮に銀行の国際送金でXRPが使われるようになったとしても、それは5年くらい先の話だと思うから。世界中の主要銀行が絡むのに、そんなにポンポンと簡単に話が進むはずがない。XRPが個人利用にまで発展するのは10年後くらいじゃないでしょうか。超えるべきハードルが高過ぎる。

そのころ世界がどうなっているかは誰も分かりません。ですが、現状から考えるとリップル社が言うIoVが実現する可能性は今のところゼロではないのかな・・・と考えています。

だから、私はXRPホールドの期間を5年~10年と考えています。気長に気絶しますよ。

XRPに大口資金を突っ込むリスク、利確目標が高ければ少額保有でも問題無い

個人的には、リップル社のXRPが持つポテンシャルはとても高いと思っています。もし国際送金で使われ、個人利用にまで発展して需要が増していけば、ブリッジ通貨である1XRPの価格は高くせざるを得ません。妄想と言われるかもしれませんが、1XRPが1000円になる事も考えられます。

ただし、ここまでなるには先述したように長い時間が必要になると考えていて、自分の資金を大量に突っ込むことはリスクが大きく伴います。もしXRPが使われなくなれば無価値になってしまいます。数年待ったあげく、リターンが無ければ、「他の仮想通貨買ってた方良かった」という事になりかねません。

だから、XRPの保有量はあまり多くしない。長期保有ほど不確実性が高まると考えているから。

その代わり、利確目標額を高額に設定するほどリターンも大きく見込めますので、保有量は少なくすることができます。自分が「1XRP=1000円になるまで利確しない、心中覚悟」と決めていれば、もし1万XRP(時価25万円)保有しているだけでも10年後は1000万円の価値になる可能性はあります。仮に失敗しても、ダメージは25万円で済みますし、心中する覚悟や諦めも付きやすい。目先の相場がいくらになろうとも、気長に握り続けていられます。

XRPが100円?400円?本当にリップル社の目標が実現するならそんな程度じゃ終わらないでしょう。小さな話じゃないですよね。だから利確額目標は高めに設定。

特定のプロジェクトに盲信は禁物

ただし、あくまで投機ですから、特定のプロジェクトに盲信し過ぎないことも大事。

人は基本的に自分が見たいとおもうものしか見ない性質があります。

個々人の頭の中では、XRPが使われる理由、使われない理由はいくらでも創造することが出来ます。人は自分に都合が良いように物事を考えてしまう癖があるんです。これが非常に厄介。

他人の言葉に乗って盲信しない事、批判意見に向き合う事、できるだけ事実のみから判断して行動を決めることが大切だと思います。

このブログを書いている人

仮想通貨ブログ

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。