ビットコインのサイドチェーンでスマートコントラクトの実装

おはようございます。@マナです。

ビットコインにEthereumのようなスマートコントラクトが実装される可能性が高くなってきました。

昨日のコインデスクさんの記事「BitcoinスタートアップRSK、2017年にスマート契約サイドチェーンを立ち上げる」をご覧になった方はいらっしゃるでしょうか?

現在のビットコインは決済にしか使えませんが、サイドチェーンを用いる事で、ビットコインの信頼性あるブロックチェーンのリソースを使いながら、いろんな機能を付け加えていけるようになるものです。

ビットコインのサイドチェーン

↑イメージ図としてはこんな感じ。(Blockstream社から出典)
これ見るだけじゃピンと来ませんよね。ですので、サイドチェーンについて興味がある人はJCA社の「BITCOINにおけるSIDECHAINを大雑把に説明すると」を読めば、漠然とイメージが掴めると思います。

ビットコインの力を利用できる点が魅力

サイドチェーンは、既に世界中で分散型台帳としてノード稼働・マイニングされているビットコインの力を利用できることが魅力。

例えば、これからビットコインのコピーにスマートコントラクトを実装した仮想通貨プロジェクトを立ち上げたとしても、ゼロからのスタートになるので大変ですよね。
ですがサイドチェーンを用いれば、ビットコインの力を借りて、すぐに新しい機能を付加して稼働させることができます。

RPGゲームに例えるなら、既に育っている高レベルの武闘家キャラ(魔法はまったく使えず正拳突きと蹴りしか出来ない)が、勇者の武器を装備できたり強力な黒魔法や白魔法を使わせることができるようになる感じですかね。

PayPalと同じレベルまでトランザクションの拡張ができる

RSKの公式サイトに書いていますが、サイドチェーンを実装することで、毎秒100トランザクション(Paypalと同等レベル)まで拡張することができます。今のビットコインは1秒間に約6.66個の処理能力ですから、大幅な能力向上が期待できる。

RSKはSegwit2×のハードフォークが落ち着くまで待っていた

サイドチェーンの実装の課題になるのが、Segwit2×のハードフォーク問題。
ビットコインのチェーンが分岐してどっちが本流になるのか分からない状況だったので、RSKもローンチのタイミングを待っていたようです。

2017年11月15日頃にはハードフォーク問題も収束していくでしょうから、そこからはサイドチェーンが活発になっていく動きを見せてくるんじゃないかと思っています。

ビットコインにスマートコントラクトが実装できて活用が広がれば、ビットコインの需要もさらに高まるかもしれません。
ビットコインは今後、ライトニングネットワークも控えていますし、まだまだ進化していきそうだと考えています。

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。