@マナです。
コメントでたまに「いろんな仮想通貨銘柄のトレードに挑戦したいのですが、どこの海外取引所が良いですか?」と質問頂くので、このページでまとめて随時更新していきたいと思います。

お勧めの海外仮想通貨取引所リスト

【お勧め度:★★★★★】Binance(バイナンス)(日本語対応・上場銘柄が多い)
【お勧め度:★★★★☆】hitBTC(上場銘柄がかなり多く、通貨ペアも充実、流動性も高い)
【お勧め度:★★★★☆】Bitfinex(レンディングが魅力)
【お勧め度:★★★☆☆】Bittrex(上場銘柄多め、サポートが良い)
【お勧め度:★★☆☆☆】Liqui(最後の手段的役割)
【お勧め度(番外編):★★★★★】Changelly(いろんな通貨を他の通貨と簡単交換)

Binance(バイナンス)

海外おすすめ仮想通貨取引所1Binance

現在1番の注目はBinance(バイナンス)でしょう。

上場仮想通貨銘柄の多さ、上場のスピード、セキュリティ、サポート、手数料、どれを見ても日本の取引所よりは安心・安い。
日本語にも対応しているので、日本ユーザーも増加中。

お勧めの海外の仮想通貨取引所

↑2017年11月7日時点の取り扱い銘柄。日本人大好きのNEM(XEM)は未上場ですが、リップル(XRP)は最近ラインアップに加わりました。
中国人のユーザーが多いので、中国マネーでの相場上昇が期待できやすい。

本人確認無しで1日の出金制限は2BTCまで。携帯番号も不要。パスポートなどの画像を送って承認されれば1日100BTCまで引き上げることができます。

【お勧め度:★★★★★】Binance(バイナンス)

HitBTC

海外おすすめ仮想通貨取引所2HitBTC

ここ最近で勢いが増加しているのがhitBTC

取り扱い銘柄の多さが売りで、ユーザーも多くなったことから量が多い取引の売買もしやすくなっています。

セキュリティも2段階認証はもちろんのこと、設定画面にも2段階認証をかけらるので、これも日本の取引所よりセキュリティは高め。

通貨ペアも他の取引所より充実していて、BTC、ETH、フィアットが多くの通貨とトレードできます。

海外おすすめ仮想通貨取引所2HitBTC取り扱い銘柄

↑2017年11月7日時点の取り扱い銘柄。かなりあります。(クリックorタップで拡大できます)

コインチェックに上場している仮想通貨銘柄もすべてあります。

海外おすすめ仮想通貨取引所2HitBTC出金制限

もう1つの特徴は、本人確認無しで仮想通貨であれば入金・預金は無制限。携帯番号も不要。
法定通貨であるドルやユーロに対してだけ1日2000ドル~の制限がかかりますが、これはパスポートなど身分証を画像送信して認証されれば解除できます。

【お勧め度:★★★★☆】hitBTC

Bitfinex

海外おすすめ仮想通貨取引所4Bitfinex

次はBitfinex
取り扱い銘柄数が20種類くらいと少ないですが、取引所内でドル貸(レンディング)が出来ることが魅力の一つ。

貸し出しレートが高い時だと1000万預ければ月に40万円ほどの利息を得られます。もちろん借りて仮想通貨トレードをすることも可能。

画面が見にくいので、初心者にはちょっと使いづらいと思います。基本的に電話番号認証・本人確認が必要です。

海外おすすめ仮想通貨取引所4Bitfinex取り扱い通貨

↑2017年11月7日時点の取り扱い銘柄。
ビットコインキャッシュを「Bcash」と表記する唯一の仮想通貨取引所としても有名ですね。

過去にハッキング被害を受けて7200万円相当のビットコインが盗まれてからユーザー数が減りましたが、最近は安定して稼働しているようです。

【お勧め度:★★★★☆】Bitfinex

Bittrex

海外おすすめ仮想通貨取引所5Bittrex

次はBittrex

2016年後半~2017年前半に人気だったPoloniex取引所のサポートがほとんど機能しなくなった影響か、Bittrex取引所の方が人気になりました。

取り扱い銘柄・ユーザー数も多いので、取引流動性も高い。
電話番号認証、パスポートなどの本人確認をしないと、1日0.05BTCしか出金できない厳しさです。

ここ最近はICO後に新規上場するスピードがBinance(バイナンス)hitBTCに比べてかなり遅くなりました。
サポートの対応は早く丁寧なので、海外取引所としては良い方だと思います。

【お勧め度:★★★★☆】Bittrex

Liqui

海外おすすめ仮想通貨取引所6Liqui

イーサリアム系トークンの新規上場が早いことが特徴ですが、取引所の性能としてはイマイチ。
ユーザー数が少なく流動性も小さいので、ちょっと多く売買するだけで相場が大きく変わってしまいます。

取引履歴が30日で自動的に消えます。ここでしか売買できない仮想通貨がある場合は利用する、という感じの用途になると思います。

【お勧め度:★★☆☆☆】Liqui

【お勧めしない取引所】Poloniex

既に少し書きましたが、Poloniexはもう使わない方が良いでしょう。

サポートの対応が最悪のレベルで、問い合わせて半年経ってから返事が来て、その後未対応のままサポートチケットが終了するということが多くなっています。

既に引き払ったユーザーも多くなっていて、使うこと自体が大きなリスクを伴います。ですので、取引所のリンクもこのエントリーでは貼りません。

【番外編】Chengelly(チェンジリー)

海外おすすめ仮想通貨取引所7chengellyチェンジリー

Changellyいろんな仮想通貨を、他の仮想通貨に交換できるサービス。

例えば、1ビットコインを現在のレートでイーサリアムに換えたり、XRP(リップル)をNEM(XEM)に、LiskをOmiseGoに換えたり・・・と、1度ビットコインや円に換えなくても希望する通貨に直接交換できる点が最大のメリット。

こちらも電話番号認証など不要で、日本語にも対応。メールアドレスを登録すればすぐに利用できます。

海外おすすめ仮想通貨取引所7chengellyチェンジリー対応通貨

↑2017年11月7日時点での対応通貨は上記の通り。

Chengellyでの交換例

例えば、「10000XRPをOmiseGoに換えたい」と思うとする。

Changellyのサイトで、所持金額に10000XRPと入力、受け取る金額側の通貨単位をOMGにすれば、その時のレート+ちょっとした手数料が加算されたレートで計算された受け取れるOMGトークンの量が表示される。

海外おすすめ仮想通貨取引所7chengellyチェンジリー使い方1

「交換」を選択する。

海外おすすめ仮想通貨取引所7chengellyチェンジリー使い方2

交換後のOmiseGoトークン(OMG)の受け取りアドレスを入力する。

※なお、OMGトークンの場合はイーサリアムのアドレスを取得する必要があります。MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の基本的な使い方を参考に。

海外おすすめ仮想通貨取引所7chengellyチェンジリー使い方3

決済前の確認画面が表示されたら「確認して決済を行う」を選択。

海外おすすめ仮想通貨取引所7chengellyチェンジリー使い方4

表示されたアドレスにXRPを送信する。5~30分で、先ほど登録した受け取りアドレスにOMGトークンが送信されます。

こんな感じで、多種多様の通貨を他の通貨に、取引所で売買しなくても一気に交換・乗換えることができます。受け取りアドレスも自分のウォレットに指定できるのも大きなメリットです。

「海外取引所使うのはちょっと」「日本で扱ってない仮想通貨が簡単に欲しい」という人には特にお勧め。

【お勧め度:★★★★★】Changelly

まとめ

最後にもう1度まとめておきます。

【お勧め度:★★★★★】Binance(バイナンス)(日本語対応・上場銘柄が多い)
【お勧め度:★★★★☆】hitBTC(上場銘柄がかなり多く、通貨ペアも充実、流動性も高い)
【お勧め度:★★★★☆】Bitfinex(レンディングが魅力)
【お勧め度:★★★☆☆】Bittrex(上場銘柄多め、サポートが良い)
【お勧め度:★★☆☆☆】Liqui(最後の手段的役割)
【番外:★★★★★】Changelly(いろんな通貨を他の通貨と簡単交換)

この辺をおさえておけば十分じゃないかと思います。
本当はもっとありますが、パスワードと2段階認証でガチガチにセキュリティを固めていてもハッキングされた取引所があるので、そういうものはここでは一切紹介しません。

仮想通貨取引所は何かトラブルがあっても、基本的には資産を補償してくれません。
取引所に保管するのも、ウォレットに避難させるのも、全ては自分の選択であり、その結果がどうなっても自己責任となります。

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。