リップルの損切

こんにちは。@マナです。

今日の朝、2円と6円で高値掴みしたリップル通貨、合計30万リップルほどを損切して全てビットコインに換えました(約10BTC、130万円分)

換えたビットコインでまるまるNEM/XEMを41万通貨買い増しです。

リップル通貨を損切した理由

少し前にリップルが爆上がりしたとき、調子に乗ってリップルを高値掴み、結局日本円にして約40万円の損です。

私の好きなマンガ「インベスターZ」に

『お祭りの時に調子に乗って踊り場に入るとケガをするんだ。お前は踊る阿呆だ』

と書いてるシーンがありますが、まさに全く同じことをやってしまった感じです。
相場がお祭りみたいに爆上げしている時は、下手に動かずに外から静かに観察していた方が損を防げると勉強になりましたw

リップルは最近ジワリジワリと相場が下げてきていましたし、このままリップル関係の良好なニュースが出ないと、もっと下がっていくんじゃないかなと思ったわけです。

他のオルトコインはどんどん上がっていく中、いつになるか分からないニュースを待ちながら相場が下げていくのを眺めていくだけよりなら、一旦損切してビットコインに換えて、その分を他の通貨で運用したほうが良いと判断。

そんな中、コインチェックがNEM・Dash・ライトコインを追加で取り扱う前情報が入ったので、単価がまだ安いNEMなら購入する人が増えて相場も上がるんじゃないかと予想。

昨日こんなツイートもしてました↓

思い切ってNEM/XEMを単価3.2円で41万通貨ぶん買い増しました。

コインチェックで正式取り扱い後、NEM/XEMが上がる

コインチェックでNEM取り扱い

コインチェックでのNEM取り扱いはもっと後だと思ってたんですが、今日早くも販売開始になったんですね。

コインチェック扱い後NEM/XEMの相場

一瞬お祭り状態になって、NEM/XEM相場は3.15円から一時4.2円まで上がりました。

このブログを書いている時点では3.5円前後をうろうろしていますが、今日の時点ではリップル損切りとNEM買い増しの判断は成功だったなと思います。

実は人生初の損切でしたが、仮想通貨(暗号通貨)は相場の上下サイクルが早いので、他の通貨で運用して運が良ければ短期間で取り返すことができます。

リップルの今後について

コインチェックやPoloniexのチャットでは「Rippler(リップラー)」というリップル信者達が「リップルはいずれ100円になるはずだ!」と発言しているのをよく見かけます。

「いや、ブリッジ通貨なんだからそんなに価値はない」と言う意見も理解できますが、未来のことは誰にも分かりませんw

とはいえリップル通貨の大半を所有しているのがリップル社ですから、リップル通貨の価値が上がれば市場に開放する時に大きな利益を得られることも考えて行動はしていると思います。

だって、リップル社が他に大きく利益を得る方法って、企業からの出資以外他に何があるんでしょうか。出資したってことは代わりにリップル通貨を企業側に渡してると思われますし、その企業も出資金は何らかの方法でペイしたいはずでは?と思います。

であれば、リップル通貨の相場が上がること・上げることを考えて何らかの手を打ってくるのでは?というシナリオが考えられます。

これから先は必ず何らかのプラスになるリップル関連のニュースは出てくると思うので、そうなればブリッジ通貨であれ相場は確実に上がると思います。しかもリップルが絡むニュースは大きい銀行やクレジットカード絡みでインパクトも相当なものでしょう。上げ幅も大きいのではないでしょうか。

ということで、私は一時損切をしてNEMを買い増ししましたが、いずれリップルは買い戻す予定です。
それまではリップル関係の良いニュースが出ないことを祈るのみでございます( ˘ω˘ )

リップル(XRP)を損切したその後の経過で後日談を書いています。

仮想通貨運用成績45日目

仮想通貨(暗号通貨)運用45日目。
昨日の報告時点では時価総額1500万だったのですが、朝起きたら1600万、このブログを書いてる時には1744万。

完全にネジが外れたような上がりっぷりです。落ちる時も凄いんだろうな。
最近は取引所の突然閉鎖や、取引所のハッキングの方が怖くなってきました。早急な対応が必要ですな。

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。