おはようございます。@マナです。

ビットコインがかなり高騰していますが、皆さん理由はご存知ですよね。
2017年10月25日に起こるビットコインハードフォークによる「ビットコインゴールド」付与のため、アルトコインからビットコインに換える動きが多いからです。

ビットコインとアルトコインの相場

日本円建てではアルトコインの相場はそんなに大きな変化はなく、ビットコインだけが高騰しているように見られます。

アルトコイン・イーサリアムのBTC建て相場

↑こちらはイーサリアムのビットコイン建ての相場チャート。ご覧の通り暴落中です。
そう、実はアルトコインはビットコイン建てでは軒並み暴落中です。

アルトコイン・イーサリアムの日本円建て相場チャート

ですが、日本円建てだとチャートは上昇を描いています。

仮想通貨グローバルチャート

仮想通貨のグローバルチャートは9月1日頃に戻った状態ですね。

この3つのチャートが意味するのは2つ。

  1. アルトコインからビットコインに換えている動きが多いから
  2. 法定通貨でビットコインの新規購入が少しだけ入っている

そしてこの動きを後押ししている理由は、ビットコインハードフォークでのビットコインゴールド付与。

つまり、「ビットコイン高・アルトコイン安」という状況です。
これが、「ビットコイン・アルトコイン両方とも高騰しているよ」という状態であれば、2017年4月~5月にかけたお祭り相場のような状態で、仮想通貨市場に新たな法定通貨が流れ込んできていることになります。

ビットコインのハードフォークが終わればどうなるか

イベントが終われば、暴落したアルトコインを買い戻そうとする動きがいずれ起こるでしょうから、通常であればビットコインは下がっていくと思われます。

ただ、分からないのはSegwit2×ハードフォークに対しての市場の見方で、資産を守る動きに入ればビットコインはアルトコインや法定通貨に換えられるので、ビットコイン相場は下がっていくでしょう。
しかし、Segwit2×に対して市場が強気の動きが見せれば、まだ1ケ月ほどはビットコインが60万円台後半をキープするかもしれません。

また、ハードフォークイベントがあると、中国マイナーがビットコイン相場を下げるためにいろんな悪どい仕掛けをしてくるのですが、今回はマイニングプール大手のJihan woを筆頭に”まだ静か”なのが非常に気になるところです。

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。