こんにちは、@マナです。

私流の相場天井の見極め方でも軽く書いておきます。

仮想通貨相場天井の見極め方

先日MONAコインが暴騰しましたね。
今回は(たまたまかもしれませんが)ほぼ天井(1MONA=620円くらい)で売り抜けることが出来ました。

暴騰の原因はビットフライヤーに上場されたことが起爆剤になって、日本市場での買いに加えて2つの海外取引所でもお祭りに乗った人が多かったことかと思われます。

で、暴騰すると「どこで売り抜けるか?」を考えますよね。

ツイッターやチャットを見て判断

こういう時、私はツイッターや日本の取引所のチャットを見ます。

そして、「MONAは1000円いく!」という発言が増えてきたあたりが天井、と判断して売ります。

根拠は無いんですが、今までの経験上だとこれが大体当てはまってます。

XRPの暴騰の時は「100円いく!」「200円行く!」と言われ始めた時が天井でした。
Liskも「1000円いく!」と言われ始めた時が天井。
NEMも「年内100円になる!」と言われたあたりが天井。
ETCも「5000円いく!」と言われ始めたあたりが天井。

そこでお祭り終了、そこから暴落して一気に3~5割下落します。
特に日本で取り扱っている仮想通貨ではこういう傾向が多い。

明確な根拠はありません。個人的に「そうかな」と思ってるだけ。
盛り上がってきて「もっといくはずだー!」と気分が最高潮に達して「〇〇円いく!」と人々が思って口に出す。これが天井の合図と見ている。

テクニカルはほとんど見ません。仮想通貨が暴騰した時、天井を見極めるための一つの指標として、ツイッターや取引所のチャットをみて判断している、というお話でした。
他にもいろんな状況で判断しますけどね。

仮想通貨天井の見極め方
ビットコインも最近「70万いく」と言い始めている人が出てきているので、ちょっと危ないかな~と思って見ていますが果たして?

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。