Zaif仮想通貨取引所はビットコインゴールドの付与取引を行わない
こんにちは、@マナです。

Zaif(ザイフ)取引所は、2017年10月25日に起こるビットコインゴールドの付与も取引を行わないと発表しました。

【公式の元記事】
Bitcoin Goldの対応についてのお知らせ

その理由を引用させていただきます。

・リプレイ攻撃に対する保護、対策が不十分である可能性がある
・マイナーが十分に集まらずにブロックが継続的かつ安定的に生成されない可能性がある
・何らかの脆弱性があり、お客様資産の保全が確実ではない可能性がある

つまり、「安全性の確認ができていないから」「マイニングする人がいないと、ウォレットや他の取引所に送っても届かないリスクがあるから」という理由です。

ビットコインのリプレイ攻撃に対する対策とは

リプレイ攻撃に対する対策はプログラムで制御されています。これがしっかりされていないと、ビットコインゴールドだけを送信したつもりがビットコインも同時に送信してしまう事態に繋がります。ビットコインが知らぬ間に失われてしまいます。

ですので、Zaifとしては「安全性が確認できていないものは、ウチとしては付与・取引はお約束しません」という意向です。

ビットコインゴールド側の意見

ビットコインゴールド公式のリプレイ対策発表

ビットコインゴールドの公式では、「リプレイ対策はされています」と発表しているのですが、有識者がソースコードを見たところ、「完全な対策が出来ていないかもしれない」と意見している人もいるようです。

Zaif取引所はスナップショットは保存している

ですが、Zaif(ザイフ)取引所では、10月25日のハードフォークが起こるブロック高の時点で、各ユーザーの保有資産のスナップショットは保管するとのことです。

つまり、ビットコインゴールドの安全性が確認できれば、Zaifにビットコインを保有している人にはビットコインゴールドを付与する可能性はあるという意味です。この事についても、Zaif取引所の声明で確認できます。

ただし、前述の懸念される可能性がすべて解消された場合において、他通貨と同様に弊社の判断でBTGの取り扱いの検討を行う予定です。
付与すると判断した場合は、前述のスナップショットに基づきお客様へBTGの付与を行います。

ただし、「現段階ではZaifとしては付与する予定は無いので、どうするかはご自身で判断してください」という意味です。

顧客のビットコイン資産を確実に安全に守ることを優先した結果、このような決断をしたと思われますので、これはこれで良いのではないでしょうか。

他の取引所のビットコインゴールドへの対応

コインチェック取引所はビットコインゴールドを付与すると発表。ただし、10%ほどマイナスされて付与される可能性が高いです。

海外取引所ではhitBTCも付与を発表しています。

他にはあまりよく分からない海外取引所が付与の発表をしているので、多くの仮想通貨取引所としては、ビットコインゴールドへの評価はかなり低いと思われます。

なお、国内取引所のbitbank(ビットバンク)も、Zaifと同じスタンスで「ビットコインゴールドが問題ないと判断したら付与する」と声明を出しています。

Segwit2×のハードフォークはさらに慎重になると思われる

11月19日にはさらに危ないSegwit2×のハードフォークが行われます。こちらは完全にリプレイ対策がされていない、現在のビットコインを乗っ取ろうとするハードフォークです。

ビットコインゴールドよりも各取引所が慎重になると思われますし、ハードフォーク後はしばらくビットコインが動かせない(動かすとどうなるか分からない)という状況になるでしょう。

ビットコインを全て法定通貨や他の仮想通貨に換え始めている人、25日以降に換えようと考えている人も少なくありませんので、今後の状況は注意した方が良いと思われます。

ご参考頂ければ幸いです。

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。