こんにちは、@マナです。

HitBTC取引所がビットコインゴールド取り扱い表明に引き続き、2017年11月19日に起こるSegwit2xハードフォークで分裂したビットコイン「B2X」を取引すると発表しました。

公式ブログでも先ほどアナウンスしています。

Dear traders,

As it follows from our recent statement, we have decided to provide you with the access to SegWit2x fork, titled as B2X. It appears to be activated in November, and you have the access to B2X markets in advance, in the form of futures. Please make an acquaintance with our roadmap on SegWit2x.

October 17th. B2X futures markets are open on HitBTC! Trade B2X with BTC, ETH and USDT.

B2X is not available for deposits and withdrawals, because SegWit2x is not activated yet.

The original BTC ticker remains with the original Bitcoin.

The day SegWit2x is activated. These actions are to be performed:

B2Xは、ビットコイン・イーサリアム・USDTで取引できるようになります。

先物市場も解放していて、現在B2Xは0.2BTC(約12万円)。先物はあてにならないので、実際にハードフォークが起こった後にならないと価値がどうなるのか分かりません。

これでHitBTC取引所はビットコインゴールドとB2Xを取り扱うことになりました。
日本の取引所が扱うかどうかはまだ未定で、ビットコインゴールドの方は10月25日までには発表があると思います。

もしハードフォークして付与されたコインを早期に取引するのであれば、今のところはhitBTCが良いかもしれませんね。

SegWit2xハードフォークは危ない?

ビットコインハードフォークSegwit2×

ビットコイン有識者達が1~2カ月前から「Segwit2×のハードフォークは8月の時と比べものにならないほど危ないものだ」と言っています。

私個人的にも、超最悪なシナリオでは、ビットコインがSegwit2×ハードフォークしたB2Xに乗っ取られて使い物にならなくなる、という展開は想定しています。Segwit2×ハードフォークにはリプレイプロテクションが無い事が危険の大きな原因になっています。

ただ、あくまで”超最悪な展開”であって、「終わってみれば大した事無かったね」で済んでしまうような気はしています。

ですが、これから1~3週間市場を不安が駆け巡って、ビットコインが暴落する可能性もあります。

ビットコインハードフォークによる暴落

というか、既に暴落が開始してますね。ハードフォークに対する市場の楽観視は終了でしょうか。

ビットコインゴールドに対する期待感が薄れたのか、Segwit2×の危なさに気付いた人が法定通貨に換えているのか。
定かではありませんが、警戒が必要だと思います。

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。