ビットコインキャッシュの値上がり

こんばんは、@マナです。

今日はビットコインキャッシュ(BCH)について。
最近なんとなく気になるもんで。

その理由は、2017年11月19日に予定しているSegwit2Xのビットコインハードフォーク(分裂)のためです。

これから起こる2回のハードフォークに対して楽観視している状況

おそらく多くの人が「2回のハードフォークでまたボーナス貰えるんでしょ?さらにビットコインの相場も上がるかもしれなよね、ラッキー」と思って、アルトコインをビットコインに換えているのが最近の仮想通貨(暗号通貨)相場事情かなと思っています。

確かに10月25日のハードフォークでビットコインゴールドが付与されることに関しては特に問題は起こらないのですが、11月19日の方が結構危ない。

小難しい話は割愛しますが、Segwit2X側は「リプレイプロテクション(ハードフォークして分裂した後の2つのチェーンが交わる事のないプログラム)を実装しない」と言ってるんですよね。

つまり、最悪な展開ではSegwit2xが現在のビットコインを乗っ取るシナリオがあります。

そして、これがまだそんなに表沙汰になっていなく、皆さん結構楽観視。そして、「実はSegwit2xはヤバいよ、ヤバいよ」と騒がれ始めるのはこれからなんじゃないかなと。

じゃぁ避難・リスクヘッジとして別のコインに換えておこう、となる。選ばれるのは何か?と考えれば、私はビットコインキャッシュ(BCH)だと思うんです。

他にはライトコイン、イーサリアム、XRPあたりでしょうか。前回のハードフォークではライトコインが避難先として選ばれて高騰しましたが、今回はビットコインキャッシュ(BCH)も選ばれるかと。
というか、既に行動が早い人達は、ある程度の資産をビットコインキャッシュに移動させ始めているようです。

Segwit2xが発動されてもビットコインキャッシュは安全

仮にSegwit2xのハードフォークが起こって、最悪なことにビットコインのチェーンを乗っ取ったとすれば、ハードフォークしてアルトコイン化した危ないSegwit2xビットコインが本流のチェーンを進み始める可能性があります。

でもビットコインキャッシュには関係ないんですね。ハードフォークしてビットコインとは完全に別のチェーンで進んでいます。

昨日(日本時間では今日かな?)、Bitcoin.comさんが「Bitcoin Cash is Bitcoin(ビットコインキャッシュはビットコインです)」という記事を出していましたが、そちらから画像引用させて頂きます。

ビットコインチェーンの進み具合

↑チェーンの図。記事でも、このままSegwitチェーンのビットコインが本流として進み続ければ、今後もハードフォークは起こり続ける可能性が高いという見方をしています。

それなら、ブロックサイズが8MBという大きさを持ったビットコインキャッシュの方を将来的にビットコインとした方が良いんじゃない?ハードフォークで生み出されたとはいえ、元は同じビットコインなんだし、沢山の取引を処理できるんだし、VISAの処理に匹敵する拡張性だってあるよ。

という感じで元記事では書かれていましたが、まぁ「言われてみればそうとも言えるかもね」と少し腑に落ちましたよ。

「じゃぁビットコインキャッシュが将来のビットコインになるの?」という話になるかは全く分からないです。

まとめ

本題に戻ると、目下11月19日の「Segwit2Xのハードフォークが実はヤバイ!」と騒がれるのがこれからで、リスクヘッジとしてビットコインキャッシュの需要が増えるんじゃないかな?と個人的に予想しているお話しでした。(←個人的な予想ですからね!)

ビットコインマイナー大手のJihan Woもここ最近はビットコインキャッシュのことばかりツイートしていますし、結構前になりますがSBIグループの北尾社長もビットコインキャッシュ(BCH)をマイニングすると発表しています。(北尾さんに需要を喚起する力はまだまだ無いと思いますが)

ビットコインキャッシュの値上がり

ビットコインキャッシュは一時期はビットコインの約17%に値する価値を持ちましたが、10月25日と11月19日のビットコインハードフォーク予定の影響でビットコインの約5.5%の価値まで下落しています。さてこれからどうなるか。

ではでは。

【追記】
ビットコインキャッシュの相場チャート

このエントリーを書いている途中で少し上がってましたね。理由は分からないですが、仕手か何か材料でも流れたのでしょうか。

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。