こんにちは、@マナです。

定例になりつつある月1の仮想通貨(暗号通貨)運用成績報告です。(テンション低め)

約1億600万円くらい。
原資1475万円ですから、9000万円の含み益。元々は素人判断でノリで買ったにしてはよく伸びたものです。9割くらい運です。

とはいっても、来年は2000万くらいは税金で持っていかれます。仮想通貨同士の売買はほぼ利確対象になるらしいので。

2017年末までに税金支払いのため、一部の仮想通貨を日本円に換えなきゃいけません。これが勿体なくてですね、テンション低めなんです。仮想通貨市場がもっと伸びるのはこれからなのに。

おまけに来年の健康保険もムチャクチャ上がるので、なんだかなぁ・・という気分です。
凄いですね、税金と社会保障費って。日本が嫌いになりそう。

来年は基本的にトレードしない

仮想通貨同士の売買が利確対象になるなら、もう安易にトレードしない方が良さそうだなと痛感しています。

雑所得扱いなら総合課税になる。ということは、給与収入を得ている人の場合、給与収入+暗号通貨の利益と合算されて、そこに課税される。
詳しくは書きませんが、この仕組みを分かっていないと恐ろしいことになりますよ。暗号通貨の利益だけにかかる税金支払いじゃ済まないってことです。

そもそもトレードで成功するか分からないのに、利益が出たら出たで年に1度の税金ダメージが痛すぎる。時間と手間を考えれば、ノリで売買することがアホらしくなりました。

@やんちゃんさんが上手に表現していましたが、↓

今後はこういうスタンスでいこうと思います。小頻度売買はしません。ガチホと研究メインですね。

2017年中に向こう1年ホールドする通貨を決めて購入して、もう動かさない。「そんなの実現しないでしょww」と感じるポエム的なプロジェクトは手出ししない。何を買うかはもう決めています。
売買しなければ利確と見なされることもなく、確定申告する必要も無くなります。

目先の価格だけ追うのは飽きた。疲れるだけだ。

私が思うに、仮想通貨(暗号通貨)市場は少なくとも今の10倍は伸びると思うので、利益だけを考えるなら、堅実なプロジェクトの通貨やトークンを5銘柄くらいに絞って気長に待つだけで十分と判断しました。
今後は楽しさの追求については、別の部分を見ていこうと思います。

Ethereumを開発した天才・ヴィタリックさんも、Ethereumでさえ拡張するのに2~5年かかると言っています。

焦ることはない。仮想通貨の行く末をのんびり見ながら過ごしたいと思います。

ビットコインはまだまだ伸びると思いますしね。だから利益の面でも一切焦ることはない。目先の相場価格を追ってばかりいると、逆にいろんな意味で損をするような気がしてなりません。

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。