こんにちは、@マナです。

ビットコインは2017年8月24日、無事にSegwitがアクティベートされたので、手数料と送金スピードを検証してみたので、結果をシェアしておきます。

一応Segwitが分からない人のために、簡単に解説しておきます。

Segwitとは

ビットコインの取引量・送受信量が多くなるにつれて、送金スピードが遅くなり、送金スピードを速くしようとすると手数料を高くしなければならない問題が発生していました。この問題を解決するために、「取引データの圧縮」をして、従来よりも取引き確認数を増やして、スピード早くしようという施策がSegwit。

ビットコインにSegwitがアクティブ化されれば、送金スピードが速く、手数料を下げる効果が期待できる。

ちなみにMONAコインとライトコインもSegwitがアクティブ化されています。

Segwitアクティブ化されたネットワークで仮想通貨(暗号通貨)を送受信するには、従来のアドレスからSegwitのアドレスで送受信する必要がある。
例えばビットコインの従来のアドレスは「1」から始まるが、Segwitアドレスは「3」から始まる。従来のアドレスも使えるが、手数料は高く送受信スピードが遅い。

ビットコインLegacyとSegwitの手数料の違い

まずは手数料の違いから。
LegacyとはSegwitがアクティブ化されていない従来のビットコインのチェーン。つまり、2017年8月24日までのビットコインのことです。

今回はハードウェアウォレットTREZORで比較しています。送金量は1ビットコイン(単位BTC)です。検証日時は2017年8月31日。

TREZORの
手数料モード
Legacy Segwit
3021円 624円
普通 2530円 523円
エコノミー 1907円 394円
1503円 197円



Segwitになったら一見凄く安くなったように見えるんですが、実は2017年の春頃の手数料とあまり変わっていません。
ビットコインの価格が高騰するにつれて、手数料が高くなってしまったんですね。これはどうにもならない。

とりあえずこの段階で言えることは、アドレスが「1」から始まるLegacyビットコインのアドレスで送受信していると、手数料貧乏になるということです。

手数料を安くしたいなら、「3」から始まるSegwitのアドレスに入れ替えておいた方が良いです。やり方は後ほど説明します。

Segwitでビットコインを送金してから着金するまでの時間

次に送金時間です。ウォレット間でテストしています。

Legacyの方でも検証して比較したいところですが、手数料がバカ高いので割愛。もうLegacyを使いたい人いないでしょう。

TREZORの
手数料モード
Segwitで送金して着金するまでの平均時間(テスト数)
高/624円 18分(3回)
普通/523円 16分(3回)
エコノミー/394円 20分(3回)
低/197円 15分(3回)
カスタム
(100円で設定)
20分(6回)
カスタム(50円で設定) 68分(3回)
カスタム(30円で設定) 71分(2回)

 

私がテストした結果では、手数料を高くしても送金スピードがそれほど速まることはありませんでした。手数料「高」でも15分~20分くらいです。
とはいえ3回しかテストしてないので、場合によっては2~3分でトランザクションの確認が終了することもあるかもしれません。

手数料を50円以下に下げると1時間以上かかってしまいましたが、Legacyの時に比べると大分早いですね。
ですが、あまりに手数料を下げ過ぎると、永遠に着金しない可能性もあるので注意したいところです。

注目したいのが、手数料をカスタムで設定した100円以下の場合の送金スピードです。これについては6回の内訳を詳しくご紹介します。
こちらはTREZORとLedgerNanoSで検証しています。

100円手数料での送金テスト 着金までかかった時間
1回目 68分
2回目 69分
3回目 10分
4回目 30分
5回目 2分
6回目 17分



6回テストした結果、手数料が100円でもだいたい1時間前後で着金する傾向でした。

1度だけ2分という短時間で着金したのは驚きです。

とはいえ69分かかったこともあるので、20分~30分以内に着金させたい場合は200円ほどの手数料で設定した方が安心だと思います。
急がない場合は、50円~100円でも大丈夫そう。

Segwitがアクティブ化されたビットコインを送金する方法

Segwitがアクティブ化されたビットコインを送金するには、ウォレット内の従来の「1」から始まるアドレスから、「3」に始まるアドレスに送金する必要があります。

TREZORの場合

TREZORの場合はβウォレットで開いて、Segwitがアクティブ化されたアドレスを取得してください。

TREZORのSegwitビットコインアドレス

βウォレットでTREZORを開くと、Legacyアカウント(以前の「1」から始まるアドレスで送受信してたアカウント)と、Segwitがアクティブ化されたアカウント両方を選択できるようになります。

ここでLegacyのアカウントから、Segwitアカウントの「受信」をクリックして「3」から始まるアドレスに送金すればOK。

ただし、TREZORのファームウェアアップデートをする必要があります。(1分くらいで出来るのでチャチャッとやってください)

【ファームウェアアップデートの方法】TREZORのファームウェアアップデート、やっていますか?

LedgerNanoSの場合

LedgerNanoSのSegwitビットコインアドレス

Ledger Nano Sの場合は、ウォレットを開けばLegacyかSegwitを選ぶことができますので、「SEGWIT」をクリックして「3」から始まるアドレスを取得。

その後LEGACYを選択しなおして、SEGWITのアドレスに送金するだけです。


以上、Segwitがアクティブ化されたビットコインの送金手数料と時間の検証結果でした。
全部を10回ずつくらいテストすればもっと良い結果をシェアできたと思いますが、面倒だしお金もかかるのでこの辺でご勘弁ください。

もう従来のアドレスは手数料が高過ぎて苦しいです。
というか、どのみちSegwitでも手数料は高いし送金スピードが遅い。将来的にはまたトランザクション詰まりが問題視されるんじゃないかという気がします。

【追記】
ByteBall(GBYTE)のエアドロップはSegwitアドレス未対応でした。エアドロップを受けたい場合はLegacyのアドレスにビットコインを入れておく必要があります。
とはいえ、エアドロップによる受け取りは先月の10分の1になってしまったので、ビットコインを相当沢山持っていないとあまり旨味は無くなりました。

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年3月から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。