人気の仮想通貨・調査方法・銘柄

こんにちは、@マナです。
ここでは、一般的に”人気が高い”と言える仮想通貨の調査方法や銘柄をご紹介します。

記事末には、私が調べた範囲での仮想通貨銘柄の情報と詳細を掲載していく予定ですので、ご参考頂ければ幸いです。


人気の仮想通貨を調べる方法

まず、「その仮想通貨の人気が高い・低い」をどうやって判断すればいいかを覚えることから始めましょう。

では解説をスタートします。

時価総額が高い仮想通貨は人気が高い傾向

一般的に”人気と言われる仮想通貨”は、時価総額が高い傾向にあります。

仮想通貨の時価総額とは、「通貨の発行量 × 1通貨あたりの価格」で算出されます。

例えばAというコインがあって、総発行量が100万枚だとします。その通貨の需要が高くなるほど高値で取引されますよね。すると1通貨あたりの単価が高くなって、Aコイン全体の時価総額は高くなるので、”人気がある”と言える状態です。

仮想通貨の時価総額は「coingecko(コインゲッコー)」というサイトで調べることができます。

人気の高い仮想通貨,調べ方,時価総額

coingeckoのサイトを開いて、「時価総額」の部分をクリック(orタップ)すれば、仮想通貨を時価総額順に並び替えることができます。

仮想通貨人気の第1位はビットコインで、世界中のほとんどの仮想通貨はビットコインで売買できるようにもなっている状況です。

流動性も人気に関係がある

仮想通貨を持っている人の多くは時価総額をよく気にしますが、流動性(Liquidity)も人気に関係することがあります。

流動性とは「どのくらい、その仮想通貨がどのくらい取引されているか」「通貨同士の交換しやすさ」を表します。

例えば、イーサリアム(Ethereum)は沢山の取引所でも毎日たくさん売買されていますので、ビットコインや他のアルトコインなどの仮想通貨と簡単に交換しやすい状態です。

これを”流動性が高い”と言います。沢山売買されて、他の通貨との流動性が高いということは、”人気が高い”と表現できます。

ではBというコインがあったとして、取引所でもほとんど売買されていない状態だとしましょう。これだと他の通貨と交換しにくい状態ですから、流動性が低く、”人気が低い”と言えます。

人気の仮想通貨,流動性

流動性の調べ方は時価総額を調べる時とおなじで、coingecko(コインゲッコー)で「流動性」をクリック(orタップ)することで高い順に並び替えられます。

多くの取引所で扱われている=人気が高い

また、「その仮想通貨がたくさんの取引所で扱われている=人気が高い」とも言えます。

どれくらいの数の取引所がその仮想通貨を扱っているかを調べるには、coinmarketcap(コインマーケットキャップ)のサイトが役立ちます。

人気の高い仮想通貨を調べる方法,取引所の数

コインマーケットキャップのサイトを開けば、沢山の仮想通貨銘柄が表示されます。
検索窓に入力しても調べることができますが、今回はとりあえずリップル(XRP)がどれくらいの取引所で扱われているか見てみましょう。

人気の高い仮想通貨を調べる方法,リップルXRPを扱う取引所の数

仮想通貨の銘柄をクリックしたら、「Markets」をクリックすると、現在リップル(XRP)を扱っている仮想通貨取引所の数と、XRPと交換できる通貨の種類を見ることができます。

↑一部分だけ画像を貼り付けておきましたが、今は50ほどの取引所で扱われていますね。これはかなり多い方です。

人気の高い仮想通貨を調べる方法,ByteBall(GBYTE)を扱う取引所の数

では知る人ぞ知る、ByteBall(GBYTE)という仮想通貨を扱っている取引所を調べてみましょう。
3つの取引所で扱われていますね・・少ない方です。こういう状況だと、一般的には”人気は低い”と言えます。

どの国で人気が高いのかをチェックする

また、国ごとに人気の通貨が違う事があることも注目しておくと良いでしょう。
coinmarketcap(コインマーケットキャップ)で銘柄を選んで、「Markets」をクリックすれば、その仮想通貨が直近24時間でどこの国でどれくらい取引されているかをチェックすることができます。

仮想通貨の国ごとの人気チェック

例えば2017年8月13日のビットコインの取引高を見てみましょう。

この日のビットコインの取引量が圧倒的に大きいのは韓国という事が分かります。
次にアメリカドル、イーサリアムとビットコインの交換、中国元、日本のビットフライヤーは9位の取引高という事が分かります。

このような人気度調査方法もあることを覚えておくと、後々の投資判断に役立つと思います。

気になる仮想通貨はtwitterで人気度をチェックする

「この仮想通貨気になるな~」という場合は、twitter(ツイッター)で人気度をチェックできます。

なるべく濃い情報とセットで調べる場合はTwitterの検索窓に「半角の$記号+仮想通貨の略称」を入力すれば良いと思います。

人気の高い仮想通貨,ツイッターで調べる

↑例えばイーサリアム(Ethereum)であれば「$ETH」で検索。仮想通貨をよく知る人は、ツイートする際に一緒にこの文字列で入力することが多い傾向です。

そして、検索した結果、沢山の人がツイートしている場合は”人気が高い”と言えます。
反対に、ほとんどの人がツイートしていない仮想通貨の場合は、”人気が低い”と言えます。

人気の高い仮想通貨,ツイッターで調べる

ちなみに仮想通貨銘柄の正式名称で検索しても良いと思いますが、「イーサリアム」などカタカナでツイートする人はほぼ初心者である可能性が高いので、情報の内容に注意した方が良いと思います。

ただしビットコインの場合はカタカナでツイートする人も多いです。「$BTC」も多いですね。

(私もツイッターをやってますので、よろしければ覗いてみてください。→@マナ

分野・ジャンルを絞って人気通貨の銘柄を調査しても良い

人気の仮想通貨をジャンルや分野で絞る

時には分野やジャンルで絞ることも必要です。

例えばGAMECredits、MobileGo、FirstBloodなどゲーム関連のアルトコインがありますが、「ゲームの分野・ジャンルに絞れば、GAMECreditsという仮想通貨は人気が高い」と言えます。

どんなジャンルがあるかですが、決済専用通貨、予測市場、保険、芸術、国際送金、科学、SNS、スマートコントラクト、文書管理、データ管理など、現在は多岐にわたります。

ですので、仮想通貨のジャンルを絞って「私はゲームが好きだから、ゲーム関連の仮想通貨を応援したい。特にMobileGo($MGO)はゲーマーがゲームをしながらお金を稼げるようになる可能性を秘めているし、市場が大きく伸びると思うから」という動機で、購入して保有しておくというのも良いものです。

ちなみに仮想通貨のジャンルを絞って調査する方法は、ネット検索で地道に調べるしかありません。

【注意】人気が高い仮想通貨だからといって今後値上がりするとは限らない

仮想通貨は人気が高ければ値上がりするとは限りません。

良い意味の人気と、悪い意味の人気もあります。
良い意味の人気だとしても、もう相場が高いところまで上がり切ってしまって、その先は値上がりしにくくほぼ水平を保ち続けたり、下がっていくこともあります。もちろん、上がり続けていくこともあります。

さらに仮想通貨の世界は流行り廃りのスピードや回転が速い世界ですので、人気はその都度でよく変わったりします。

ですので、仮想通貨は人気度で判断するのではなく、基本的には「将来性があるか」をできるだけ調べつつ、「自分が良いと感じるか」で判断された方が良いと思います。

その時々で柔軟な判断ができればベターです。実生活で使われるようなニュースが出れば、人気は一気に高くなって、相場も大きく上昇します。

【随時更新】人気の仮想通貨銘柄

以下、日本と海外取引所で扱われている、”一般的に人気”と言える仮想通貨銘柄を挙げておきます。

日本の取引所で購入できる仮想通貨銘柄


【上記仮想通貨の購入先】
上記リストの銘柄は主に日本代表の仮想通貨取引所であるコインチェックで購入可。
NEM,MONAコインについては手数料が安いZaifをお勧めします。

海外取引所で売買できる仮想通貨銘柄

※海外取引所扱い銘柄は、日本でそれなりに話題性のあるものを独自調査でピックアップしています。

  • NEO
  • ByteBall($GBYTE)
  • Status($SNT)
  • IOTA
  • EOS
  • Golem($GNT)
  • BitcoinCash($BCH)
  • WAVES
  • Decred
  • GAMECredits($GAME)
  • MobileGo($MGO)
  • OmiseGo($OMG)
  • Siacoin($SC)
  • Straris
  • TenX
  • Tether
  • Decent($DCT)
  • Civic($CVC)
  • Stellar($STR)
  • Antshare($ANS)

時間がある時に通貨ごとの解説ページを作っていく予定ですが、当ブログの情報はあくまで参考程度にとどめておいて、最終的な投資判断はご自身の責任のうえお願いします。

以上、ご参考頂ければ幸いです。皆さまが儲かりますように。

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年3月から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。