ICOホワイトペーパーの日本語翻訳方法

こんにちは、@マナです。

皆さーん、ICOのホワイトペーパー読んでますか?

え?英語よく分からないからちゃんと読んでない?

危ないですよ。ICOする側も「ICOバブルや!」と思って、実体のないトークン発行して開発せずにトンズラ~ということが増えてくるでしょうから、投資して良いか見極める為にも最低限ホワイトペーパーは目を通しておきましょう。

先日ICOしたEOSはホワイトペーパーに「トークンは発行しますけど何の役にも立ちません」って明記されてた事例もあります。



で、みんなどうやってホワイトペーパー読んでるんだろう、と常々疑問に思ってたんですが、私はPDF文書を丸ごと一気に日本語訳して読んでます。

コピペとか必要ありませんよ。やり方を知ってる人も多いだろうなとは思いますが、一応シェアしておきますね。

ICOのホワイトペーパーを丸ごと日本語翻訳する方法

Google翻訳

ICOホワイトペーパー日本語訳

よく使われるのはGoogle翻訳だと思います。これ、ありがたいことにドキュメントを一気に翻訳できる機能があるんですよ。
「ドキュメントを翻訳します」をクリックすれば、

ICOホワイトペーパー日本語訳

ホワイトペーパー文書ファイルを選択して翻訳ボタンをクリックするだけ。
どこのICOでも、ホワイトペーパーはだいたいPDF文書になっててダウンロードできますよ。

ICOホワイトペーパー日本語訳

いちいち英文書をコピペして翻訳する手間が省けます。数十ぺージくらいの文書ならまるっと日本語訳してくれます。
画像は抜けてしまう場合もあるので、原本のホワイトペーパーと合わせて読めばOK。

無料のオンライン文書翻訳

もう1つは無料のオンライン文書翻訳というサイト。

ここだとレイアウトを崩さずに、さらに日本語翻訳したものをPDFでダウンロードまで出来る。

ICOホワイトペーパー日本語訳無料のオンライン文書翻訳

サイトを開いたら「今翻訳する」をクリックして、

ICOホワイトペーパー日本語訳無料のオンライン文書翻訳

英文のホワイトペーパーファイルをドラッグ&ドロップするだけ。

ICOホワイトペーパー日本語訳無料のオンライン文書翻訳

Google翻訳よりはレイアウトが見やすいです。

ICOホワイトペーパー日本語訳無料のオンライン文書翻訳

ちなみに、イーサリアムは日本語訳すると「エーテル」と表示されます。

ICOホワイトペーパーでチェックしたほうが良いと思う箇所

ICOではトークンの発行限度数、内部の保有数、ロックアップなどの記載はよーく注意してみた方がいいと思います。

もちろん、全ての文書をチェックして、Slackがあればそちらにも参加して情報を収集することがベスト。

というか、ICOが多すぎるのでどれが大化けするのかはサッパリ判断できません。ただ、短期で見ると原資よりはまだプラス相場になる事が多いので、そこで一旦原資を回収・利食いをしたり、下がってから買い戻すというスタイルでICOに参加する人も結構いらっしゃるようです。

これからICOに参加する皆様にご参考頂ければ幸いです。

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年3月から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。