こんにちは、@マナです。

今日はあまり時間が無いので、過熱し過ぎの仮想通貨ICOついて思ってることを軽く書いておこうと思います。

あくまで個人的に思っていることですからね。

10のICOうち、まともに成功するプロジェクトはどのくらいか?

たぶん、ICOしたプロジェクトの中で、まともに成功するのって10のうち1つあるか無いかだと思うんですよ。
ベンチャー企業の93%が失敗している統計データがあるからです。

今はバブルで「イケイケ押せ押せ!」の状況ですから、それなりに大きな夢を見させることができれば簡単に30億くらい集まってます。

で、ICOの数も凄く増えていますよね。特に最近は2~3日に1回大規模なICOが開催。
ICOが盛んなので、イーサリアムも高騰気味。

ICOしたプロジェクトが消えていく日々

ですが前述した通り、ベンチャー企業の93%は失敗。この先、ICOをしたプロジェクトがバタバタと消えていくでしょう。
その間はトークン保有者に夢を見させ続けていれば値上がりはしますが、プロジェクト失敗に終われば一気に無価値になります。

こうなると「あぁ、やっぱりICOって危ないな~」「やっぱりしっかり調べてプロジェクトに投資しよう」と目覚める人が増えると思います。

最近行われたICOプロジェクトが消えていくのはおそらくまだ1年~2年先くらいだとは思いますが。

こうなることを分かっててICOに参加している人もいるかと思いますが、よく分からずに「なんでも上がるはずだ~~」「取引所上場すれば上がるはずだ~」という安易な判断での投資・売買はどんどん危険域に入っていくんじゃないかなと思います。

そしてその時イーサリアムはどうなっているのか?ICOで混雑して遅延するくらいのネットワークです。これが将来明るい未来をもたらしてくれるのか。

ICO銘柄は短期投資?長期投資?

ということで、もし短期投資であれば、ほど良いところで売ってしまうこと。私は基本的に最近のICO銘柄はほとんど信じてないので、途中でどんどん売るつもり。そんなスタンスで参加してます。

1~2年先を見据えるICOへの長期投資であれば、どういう部分に着眼するか?と考えて選べば、自然とある程度の答えは出てくるんじゃないかなと思っています。

また、イーサリアムもどうなっていくかも情報を追う事は必須だと感じています。あと2段階ありますから、それまでは大丈夫じゃないかなと思います。

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。