LedgerNanoSとMyEtherWalletの連携管理使い方

こんにちは、@マナです。
ご存じの方もいらっしゃると思いますが、ハードウェアウォレットのLedgerNanoSとMyEtherWalletを連携・管理する方法をご紹介しておきます。

この方法を行うことで、秘密鍵をハードウェアウォレットで管理しつつ、ETH,ETC,イーサリアム上トークンを管理することができます。
ICOの時に「MyEtherWalletから送れ」と指示がある時も便利だと思います。

LedgerNanoS(レジャーナノS)の準備と設定

LedgerNanoSとMyEtherWalletの連携管理使い方

まずLedgerNanoSをPCの接続。PINを解除しておいて、イーサリアムのアプリを選択、左右のボタンを同時押しして起動しておきます。
ブラウザのイーサリアムのウォレットアプリを起動する必要はありません。

LedgerNanoSとMyEtherWalletの連携管理使い方

次に「Setting」を選んで、

LedgerNanoSとMyEtherWalletの連携管理使い方ブラウザサポート

「ブラウザサポート」を、

LedgerNanoSとMyEtherWalletの連携管理使い方ブラウザサポート

「Yes」にしておく。

LedgerNanoSとMyEtherWalletの連携管理使い方コントラクトデータ

次に「Contract darta」も

LedgerNanoSとMyEtherWalletの連携管理使い方ブラウザサポート

「Yes」にしておく。

これでLedgerNanoS側の設定は完了。

MyEtherWalletでの使い方

LedgerNanoSとMyEtherWalletの連携管理使い方

次にChromeかOperaのブラウザでMyEtherWalletを開いて、「Etherトークンの送出」をクリック。

「どの方法でお財布を操作しますか? > Ledger Nano S」を選択して、「Ledger Nano S」に接続をクリックする。

LedgerNanoSとMyEtherWalletの連携管理使い方

すると、LedgerNanoSで管理しているアドレス一覧が表示される。既にイーサリアムを保管している場合はその残高も表示される。
使いたいアドレスを選択して、「お財布をアンロック」をクリック。

LedgerNanoSとMyEtherWalletの連携管理使い方

LedgerNanoSに保管しているイーサリアムをMyEtherWalletで開くことができました。
もちろんトークンの送出もできます。

LedgerNanoSとMyEtherWalletの連携管理使い方トークン種類

今日の時点で保管できるトークンの種類↑どんどん増えていきますね。

LedgerNanoSとMyEtherWalletの連携管理使い方送受信方法

イーサリアムやトークンを送信する時は、LedgerNanoS本体側でもチェック承認操作が必要です。

イーサリアムクラシックの管理方法

LedgerNanoSとMyEtherWalletの連携管理使い方イーサリアムクラシック

イーサリアムクラシックを管理する場合は、MyEtherWalletの右上メニューから「ETC」を選択して、LedgerNanoSで接続しなおします。

通常のアプリケーション管理に戻す場合

LedgerNanoSとMyEtherWalletの連携管理使い方

なお、通常のアプリケーションでの管理に戻したい場合は、LedgerNanoS側のSetting > Browser Support > No に設定しなおします。


以上、LedgerNanoSとMyEtherWalletを連携・管理する方法でした。

私、恥ずかしながらイーサリアムでICOに参加する際「MyEtherWalletから送れ!」というアナウンスをそのまま実行するために、LedgerNanoSに保管しているETHをわざわざ別のMyEtherWalletのアドレスに送ったりしてたんです。手数料分無駄でしたね。

それにしても、LedgerNanoSはほんと便利です。本体価格も高くビットコイン手数料の設定も高めなTREZORの出番が少なくなってきました。

(海外の公式サイトから直接安く購入することもできます。こちらの記事で解説しています。)

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。