こんばんは、@マナです。

今日BITMAINがUAHFプランを発表したことで、8月1日にビットコインのハードフォークによる分裂の可能性が濃厚になってきたようです。

ビットコイン研究所の大石哲之さんのツイートをご紹介。

この記事も読んでおくといいですよ。

Bitmain、驚愕のUASF対抗プランを発表 ビットコインは更なる混沌の渦中に | ビットコインユース

分かりにくいと思うのでざっくり説明すると、「ビットコインは最終的には分裂せずにUASF(BIP48・今までのビットコインに新しいルールを加えること)で落ち着くんじゃない?」と思っていた矢先、ビットコインのマイニング大手BITMAINがUAHFという対抗策を出してきて、「おぅ、分裂上等じゃ!!喧嘩したろうじゃないか!!」という姿勢を見せてきたってことです。

このままUASF支持派とBITMAINによるUAHF派?が譲らずに膠着状態が続けば、2017年8月1日にはハードフォークが行われてビットコインは分裂、さぁ~どうなる?

というのが今現在の状況です。

ですが、このBITMAINのトップであるジーハンという人、かなり無茶苦茶なこと言ってきていると感じている層が多いようですので、仮に分裂してもBITMAIN・ジーハン側が分裂させたビットコインを支持する人は少なく、UASF(BIP48)支持多数でそれを使っていくことになるんじゃないかな、という流れになるかもしれません。

ただし、まだ分裂が決定しているわけじゃないということを念押ししておきます。しばらくプロレスが続いて、ハラハラドキドキする状況になるんじゃないでしょうか。

皆さんに言いたいのは、滅茶苦茶な案を出しているBITMAINのジーハンは支持せず、ユーザー達が「ビットコインはもっとこうしたらいいよね」というUASF派を支持して頂きたい。

分裂してもビットコインが減るわけじゃない

ビットコインがハードフォークして分裂しても、ビットコインが減るわけじゃありません。

今10枚のビットコインを持っていて8月1日のハードフォークを迎えれば、ビットコインA10枚とビットコインB10枚ずつ手にしていることになります。

ただ、現状では仮想通貨(暗号通貨)界の基軸通貨はビットコインになっているので、「どっちのビットコインがメインで使われていくのか?」という問題が発生しますし、ウォレットや取引所側が2つのビットコイン保管への対応やアップデートが必要になります。対応完了するまではビットコインを動かすことができなくなります。

つまり、取引所などでの市場取引がしばらく停止する可能性があります。
分裂したら決済システムを導入している店舗や取引所に混乱が生じるので、いろいろ大変なことになるでしょう。

【関連記事】8月1日ビットコイン分裂か?前後の仮想通貨市場はどうなる?

分裂したとしてもその後価値はさらに上がっていくと思う

ただしビットコインの枚数が減るわけじゃないですし、私が思うに基軸通貨はこの先もビットコインを使う事になっていくと思います。なんだかんだでビットコインは強いし、世界中にイメージも決済も深く浸透しつつあります。

分裂騒ぎで一時的に価値は下がるかもしれませんが、今まで何度も起こっていた”ハードフォークやるやる詐欺”で不安材料を引きずっていたものが無くなって、ハードフォーク前よりも価値は急上昇していくんじゃないのかな・・と予想しています。

私ならこの分裂騒ぎでパニック売りする層が出て、一時的に価値が下がったところを狙って、ビットコインを買うと思います。私と同じように考えている人は沢山いると思うので、下がってもすぐ一気に上がるかな?と。

ただし不安なので保有銘柄変更

とはいえ、ハードフォーク分裂が確定したら、ビットコインの価値は下がってイーサリアムの価値が上がるんじゃないかと予想していたので、保有銘柄の割合を変更しました。

以下、今日時点での保有銘柄です。

8月1日ビットコインハードフォークに備えた仮想通貨保有名型

前回はXEMとリップル(XRP)が大部分を占めていましたが、ハードフォークの懸念が出た時に原資を追加したり他の通貨を切り崩して、相場25000円時にイーサリアムを買いまくりました。

値上がりの予想は的中して、イーサリアムは現在43000円ほど。全体の保有数に対して4分の1ほどに分散されました。
ただ、先日の大型ICOのBANCORの不安材料が出ていますので、イーサリアムの暴落が起こる可能性もあります。

期待していたMobileGOの取引所上場が始まって、意外にも高値で推移している幸運が訪れています。

草コインは全て処分、ArdorとUbiqに期待

先日の記事でも書きましたが、ビットコインハードフォーク騒ぎが浸透していくと、草コインの度合いが大きいほど暴落していくと思っていたので、全部処分しました。ここ数日で草コインは軒並み暴落しています。

そして、35円時代に購入して10倍以上に伸びたGAMECreditsなど一部を切って、ArdorとUbiqにそれなりの投資をしました。

ArdorもUbiqもプラットフォーム型です。

Ardorはマーケティングが上手じゃないせいか中身が分かりにくいのですが、出来ることは沢山あって拡張性も豊富。まだ過小評価されているような節があると感じたので、成長度合いが大きいんじゃないかと感じています。投票システムとか、この先どこかの国で使われたりしないかな?今日現在でまだ27円前後。この先まだまだ伸びていくと感じています。


Ubiqはこれからもっと調べますが、イーサリアムをさらに安定させたものを目指しているらしく、ICOで資金調達もせずにここ数カ月で価値を大きく上げています。
資金調達せずにこれだけの価値を高められるということは、コア開発者が骨太の精神を持っていて、周りのユーザーも強く応援している良い状況が生まれていると判断して投資してみました。

Ardor,Ubiqともに直感的に「いいな、これ」と感じたものです。素直に応援したい気持ちがあるので、これからホールドして経過を追っていこうと思います。

その前に暴落が来るか?

仮想通貨保有資産

今日現在で保有資産が1億突破してますが、ビットコインのハードフォーク騒ぎでここからどこまで下がるかですね。

5月26日の時点でも1億突破していたのですが、次の日の大暴落祭りで一時6000万円マイナスになりました。
仮想通貨ではこんなことがいつ起こってもおかしくない世界です。投機筋の通貨も沢山出回っていますので、突然価値がゼロになることもあります。

含み益の状態ではまったく浮かれてられないのが仮想通貨投資。ですが、価値がどうのこうのだけじゃなくて、その通貨にどんな特徴があって何を目的にしているか、将来はどうなるのか?を想像するのも楽しい世界です。

とりあえず、これから相場の下げが来るはずですので、これから参入する人は大チャンス。下がり切ったところからまた一気に上がるでしょう。私は原資追加して待ちます。

追記1:
1億突破してキリも良いので、そろそろ資産額の公開は止めようかなと思っています。大暴落したら現実をお知らせするためにその状況を公開するかもしれません。

追記2:
そうこう言ってる間に大暴落が開始して、あっという間に1700万マイナスになりました。明日明後日はさらに凄い暴落になると思います。半値以下を覚悟しておきます。

追記3:
ビットコインが分裂したら取引所やウォレット内のビットコインがどうなるか質問される方が多いので、追記しておきます。
取引所やウォレットに分裂したビットコインの表示がされるのは、取引所やウォレットがプログラムなどのアップデートをする必要があります。

ですので、対応が終わるまでは動かさずにじっと待ちましょう。有識者さんの多くが皆口を酸っぱくして言っていますが、TREZORLedger Nano Sなどのハードウェアウォレットに保管するべき。取引所が混乱でダウンする可能性もあります。
REZORはアマゾンにまだ在庫があるようです。無くなった場合はTREZOR公式サイトに直接注文で間に合うと思います。


その後の分裂騒ぎの続きを書いています。
8月1日ビットコイン分裂騒動の現状と予測

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。