仮想通貨草コインを選ぶ基準

こんにちは、@マナです。

フォロワーさんから「草コインの選ぶ基準はあるのでしょうか?」とご質問頂きました。
面白いネタだと思ったので、私なりの意見を軽く書いておきます。

将来高くなりそうな?草コインを選ぶ基準

あくまで”草コイン”ですので、技術的な将来性は全く考えずに選びます。基本的にはBTCを得るための使い捨てです。

1.安さ重視

とにもかくにも安さ重視。基本的には1円台以下。1円未満のコインが理想ですが、場合によっては2円くらいの通貨にも手を出します。

安さを重視している理由は、初心者あがりの層が「オルトコインで一発儲けられるかも?」と考えている特徴を利用します。
私がそうでしたから、他の初心者の考えも似たようなものでしょう。

1通貨数万円のものだと、今から100倍の夢を見ることはできませんが、「今1通貨0.01円だったら、バブルだから1円くらいになるかも?」と思うのが人間の心理だと考えます。

だからとにかく安さ重視。
私が昨日170万ほどの利益を出したSiacoinを購入したのは0.07円時代、安さ重視で購入したものです。1カ月半で24倍の1.7円です。

2.取引所内でそれなりの流動性があること

取引所内での流動性、ボリューム。

poloniexだと「Volume」の表示をクリックすると、その日の出来高順に並べ替えることができます。

一番下を見ていくと・・

仮想通貨草コインの流動性

出来高激貧。おまけに単価が高い。こういうのは避けます。あまりに流動性が低すぎると、取引所側が突然「もう扱うの止めます宣言」する可能性があるからです。

仮想通貨草コイン選び方

おぉ、草が生えてますね。

Siacoinが629satoshi、BURSTは645Satoshi、Foldingcoinが848Satoshi。いいじゃないですか。しかも下がってる。(←これポイント!)
出来高も600~1000以上でまずまず。

こんな感じで、気になった草コインをメモしていきます。出来高と価格も一緒にメモ。

3.公式サイトチェック、オリジナリティがあるか?

候補に挙げた草コインの公式サイトをチェックしていきます。

「なんちゃらの決済に」が目的になっているような通貨はあまり手を出しません。優秀なライバルが沢山いますからね。

だから、例えば「芸術の支援に」「土地台帳のために」「音楽のために」「クリエイターのために」のように、割と目的意識とターゲットが明確になっているものに注目。

4.coingeckoをチェック

仮想通貨草コイン選び方投資判断

次にcoingeckoのサイトをチェック

順位は全く気にしません。気にするのは、

仮想通貨草コイン選び方投資判断

公共の興味。
興味が高ければ、潜在的に「気になるな」と思っている人が多いと判断します。だから購入へのハードルが興味が無い通貨に比べれば低いと思われます。

過去のチャートも一応チェックしますが、仮想通貨(暗号通貨)の場合は時代背景や開発状況がかなりの速さで変化していますから、あまりあてにはしません。

5.候補を選別して予算と購入通貨量を考える

最後に候補を選別。予算と購入通貨量を決めていきます。

0.01円台の通貨だったら10万通貨単位とか、1円台の通貨だったら1万通貨単位とか、ある程度のルールを決めて購入しています。

私の場合は0.1円台以下の通貨は100万通貨単位、1円台は10万通貨単位で購入する考えで動いています。

【さいごに】お祭り相場の時は買わない、欲を出さない

いけいけ押せ押せ!のお祭り相場の時には草コインには参戦しません。
お祭りが始まる前、相場が横にのんびり動いている時や、暴落する時に購入します。

上がり始め、お祭り開始時の参戦は負ける可能性の方が高いと思った方が良いです。
だから、待つことも必要。資金を蓄えつつチャンスを待つことも大事だと思います。

もし草コインの仕込みが上手くいって、お祭り相場が始まったら、適度なところで手放すことも大事だと思います。欲を出して「まだ上がるかも」とずっと待ってると、一番の売り時を逃しますからね。

昨日売ったVergeは0.4円で手放したのですが、その後0.68円まで上がってます。こういうこともありますが、全く後悔してません。
有望株のBATへの投資資金が出来たことの方が満足しています。

「歓喜で売って悲鳴で買う」
これをマシーンになったつもりで実行するのみ。(だけど難しい)

それを実行した結果、【投機的実験レポの続き】草コイン祭りで得られた仮想通貨利益額で書いたように1カ月ちょっとで300万円以上のリターンが得られる結果になりました。

毎回これで上手くいくわけじゃないとは思いますが、今後の仮想通貨売買にご参考頂ければ幸いです。


【追記】
草刈り場所は、Poloniex、Bittrex、Liquiを利用しています。poloniexは少なくなってきましたが、Bittrexはまだ結構生えてます。

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。