MyEtherWalletで送信送金が上手くいかない場合の対処法

こんにちは、@マナです。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)はイーサリアム・イーサリアムクラシック・その他様々なトークンを保管できる良いウォレットなのですが、どういうわけか何度やっても送信(送金・出金)が失敗してしまうケースがあります。

その原因はGas limit(ガスリミット)の設定にある事が多いようです。

イーサリアムの「Gas(ガス)」とは

イーサリアムのガスとは

MyEtherWalletを使ってて「Gas limit(ガスリミット)」の表示がありますが、これは何だ?とお思いの人もいらっしゃるでしょう。

Gas(ガス)はイーサリアムの送信(送金)やコントラクトを実行する際に必要な、”燃料”として使われます。
このガスは、送り主やコントラクトの実行者がイーサリアムで支払う必要があります。

つまり、イーサリアムやトークンを送り出す時、コントラクトを実行する時の手数料ということです。

ガス手数料とガス料金を掛けて手数料が算出される

ガスは”Gas Fee(ガス手数料)”と”Gas Price(ガス料金)”の値を掛けて算出されます。

1ガスの単位はwei。「1wei=〇〇ether」とその時の相場で手数料が変わります。最終的にはイーサリアムが手数料としてウォレットから引かれます。

MyEtherWalletを使ってイーサリアムやトークンを送金する時に、ウォレット内にイーサリアムが0の場合は「最低0.01Ether入れてください」と表示されるのはこの為です。

イーサリアムのガスとは

ちなみにGasPriceはEtherScanで見ることができます。

GasLimitの数値が低いとマイナーから無視されることもある

「Gaslimit(ガスリミット)」は、自分のウォレットから出していいガスの最大値のこと。

イーサリアムのマイナーはGasPricreが高いトランザクションから処理していきます。手数料報酬稼げる方が嬉しいですからね。
逆にGasPriceが低いトランザクションは後回しにされたり、無視されることもあります。

MyEtherWalletだと、ガスリミットが自動計算・自動入力されるようになっていますが、そのままでトランザクションを実行すると、

MyEtherWalletトランザクションエラー

↑「Out of Gas」と表示されて、イーサリアムやトークンの送出が失敗することがあります。つまり、「ガスが足りない」ってことです。

ガスリミットを高くすれば送信成功しやすい

イーサリアムのガスリミット

ということで、MyEtherWalletを使って何度も送金が失敗する場合は、自動計算・自動入力されるガスリミットの値よりも2~3倍に設定してあげると、すんなり成功します。
手数料も上がっちゃいますが、0.001(今日の相場で20円前後くらい)でしょうか。ビットコインよりは安い。

マイイーサウォレットのトランザクション確認

MyEtherWalletはトランザクションの送信をすると、画面下に緑色のコーナーが出現して「ViewTX」をクリックすれば、トランザクションの処理がどう行われているか確認することができます。

MyEtherWalletのトランザクション処理確認ガス量

成功していると、Contractの右側にチェックマークが付きます。

失敗すると注意マークが表示されて「Out of Gas」と記載されます。失敗したら、最初からやり直してガスリミットの値を高くして再挑戦すれば成功すると思います。


以上、イーサリアムの”Gas(ガス)”についてと、MyEtherWalletから送出がうまくいかない場合の対処法でした。

実は、今日私が何度やっても失敗して困って、いろいろ調べて分かった解決法なのでした。
失敗しても手数料は無駄に減りますのでご注意。これなら最初からガスリミットを少し高く設定した方がいい場合もあります。

ではでは。

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年3月から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。