仮想通貨取引所が倒産したらどうなる

こんにちは、@マナです。

ここでは”仮想通貨取引所倒産のリスクと、破綻・倒産したらどうなるか”を解説しておきます。

これから仮想通貨投資を始める人、もしくは仮想通貨取引所に購入した通貨を保管している人はよく覚えておいてください。

もし仮想通貨取引所が倒産したら?

もし自分が使っている仮想通貨取引所が倒産したら、取引所に保管している自分の仮想通貨は基本的には全て失われることになります。

2014年2月にマウントゴックス社の社長が「ハッカーに取引所に保管しているお客様のビットコインを盗まれてしまいました。お返しできるだけの資金が無いので倒産です」という事件がありましたが、これと同じことになります。

【関連記事】マウントゴックス破綻 ビットコイン114億円消失

銀行の場合は、倒産しても法律で預金1000万円までの返還できるように保護されています。
ですが仮想通貨取引所の場合は、銀行のように法律では守られていません。倒産したらそれで終了です。

つまり、取引所内に置いている仮想通貨が引き出せなくなるので、資産がゼロになってしまいます。

実際に取引所内に仮想通貨を保管していて、倒産されて資産を失ってしまった人は世界中に、日本にも沢山います。

「私にはそんなことは起こらないだろう」と思っている人もいるかもしれませんが、そんな例外はありません。
しっかり自己対策をしていないと、誰にでも起こりうる事であると認識しておきましょう。対策方法は後で説明します。

さらに仮想通貨も暴落

また、仮想通貨も暴落する可能性は高くなります。
これもマウントゴックス破たん時の例ですが、ビットコインが3万円から1.8万円まで暴落しました。
その後、1年以上ビットコインの価格も5万円台止まりと低迷しています。

今は仮想通貨市場が大きくなったので、どうなるかは分かりませんが、もし大きい取引所が倒産したらそれだけ一時的には仮想通貨全体が暴落する可能性は高くなります。

仮想通貨取引所が倒産する原因

仮想通貨取引所は大きいものから小さいものまで、世界中に沢山あります。そして、毎月どこかの取引所が倒産している現状があることを覚えておいてください。

では、なぜ仮想通貨取引所が倒産するのか。

その原因の多くは、ハッカーによる攻撃による仮想通貨の盗難です。

仮想通貨は別名”デジタル通貨”と言われているように、ネット上で簡単に送受信できるものです。それゆえ、ハッカーたちの攻撃対象になりやすくなっています。

各取引所はそれぞれいろんな対策をしてはいますが、セキュリティが甘かったり、ハッカーの技術が優れている場合は取引所内の仮想通貨を盗まれてしまいます。

ハッカーに盗まれた仮想通貨は、沢山のウォレットや取引所を経由して分散されてしまううえに、国境を超えた犯罪であるケースが多いので、地元の警察に被害届を出しても捜査して取り返してもらうということが難しくなっています。


また、倒産が仮想通貨取引所の自作自演と疑われるようなケースもあります。幹部たちがハッカーに盗まれたように見せかけて取引所を倒産させて、実は顧客の仮想通貨を自分の懐に入れてしまう・・という可能性もあります。

【対策】取引所内の仮想通貨を移動する!

では仮想通貨取引所の倒産から、自分の仮想通貨資産を守るための対策はどうするのか。
これ、実はとても簡単です。

仮想通貨はデジタル通貨ですので、メールを送るように他の場所に送ることができるのです。

具体的にいうと、PCやスマートフォンに仮想通貨専用のウォレット(財布)アプリをインストールすれば、自分の仮想通貨のアドレスを取得できます。

そのアドレス宛に、仮想通貨取引所から購入した通貨を送ることで、取引所倒産による資産紛失のリスクを防ぐことが出来ます。

例:取引所のコインチェックからビットコインを自分のウォレットに送る

取引所からウォレットに仮想通貨を送る流れをもうちょっと具体的に解説しておきます。

まず、あなたが仮想通貨取引所のコインチェックさんからビットコインを購入したとします。
そして、一番安全と言われているハードウェアウォレット・LedgerNanoS(レジャーナノS)やTREZOR(トレザー)を準備して初期設定をしました。

仮想通貨取引所倒産の対処法

↑こちらはハードウェアウォレットのアプリ画面です。「受信」をクリックすると、

仮想通貨取引所倒産の対処法ハードウェアウォレットアドレス

このウォレット(財布)のアドレスを見ることが出来ます。これをメモかコピーしておいて、

仮想通貨取引所倒産の対処法取引所からの送信

次に仮想通貨取引所のメニュー「コインを送る」をクリックし、

仮想通貨取引所倒産の対処法取引所からの送信

さきほどメモしておいたハードウェアウォレットのアドレスと送る仮想通貨の量を入力して「送金する」をクリックするだけ。

これで、仮想通貨取引所から通貨資産を自分のウォレットに移動させることができます。
こうしておくことで、仮想通貨取引所が倒産したとしても、あなたが購入した仮想通貨は安全に守られます。

逆に仮想通貨を日本円に現金化したい場合は、

仮想通貨取引所倒産の対処法取引所へ通貨送信

仮想通貨取引所のメニュー「コインを受け取る」をクリックして、

仮想通貨取引所倒産の対処法取引所へ通貨送信

取引所内の入金用アドレスを取得します。これをメモかコピーしておいて、

仮想通貨取引所倒産の対処法取引所へ通貨送信

ウォレットの「送信」をクリックして、先ほどメモ・コピーしておいた仮想通貨取引所のアドレスと通貨量を入力して「送信」をクリックするだけ。

これでウォレットから仮想通貨取引所に通貨資産を送ることができるので、着金したら取引所で日本円で売却し、自分の銀行口座に出金します。

仮想通貨ウォレットについて

仮想通貨取引所倒産の対処法取引所からの送信

コインチェックさんの場合はいろんな仮想通貨を購入することができて、すべて送受信に対応しています。
ウォレットはそれぞれ違ったり、1つのウォレットで複数の仮想通貨保管に対応するものがあったりと、様々です。

ビットコイン・イーサリアム・イーサリアムクラシック・Augur・リップル(XRP)であれば、Ledger Nano Sを、

ビットコイン・Dash・Zcash・Litecoin・AugurはTREZOR

NEM(XEM)は公式のNanowallet

LiskとFactomとMoneroは公式のウォレットをデスクトップPCにインストールして保管されれば良いでしょう。

もしハードウェアウォレットが故障したり、ウォレットをインストールしているPCが故障したとしても、初期設定時に発行されるバックアップファイルやバックアップシードさえ保管しておけば、新しいウォレットで仮想通貨資産を復元できますのでご安心ください。

仮想通貨取引所倒産リスクから資産を守ることは手間がかかる!

以上、仮想通貨取引所倒産リスクについての解説でした。

購入通貨が増えるごとにウォレットの種類が増えるので管理が面倒になるのですが、仮想通貨の場合は、今まで銀行が管理をしてくれていた事を自分でやらなければいけません。

ですので、取引所倒産リスクから自分の資産を守るためには、相応の手間がかかることを覚えておきましょう。

ウォレットに移動するのが面倒で取引所内に仮想通貨をそのまま置いている人も多いのですが、倒産したら資産はゼロになります。

私は基本的に長期保有銘柄しか購入していませんので、ほぼすべての仮想通貨をウォレットに移動させています。

初心者の頃は取引所に置いていた時期もあったのですが、「明日倒産したら・・」と考えると不安な気持ちを抱えたまま生活することになってしまいましたので、少し手間でもウォレットに移動させることにしました。おかげで安心して過ごせています。

何かあっても後悔しないように、面倒でも取引所倒産リスク対策をしておくことをお勧めします。

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。