JAXXウォレット

【2017年6月19日追記】
先日Jaxxのセキュリティ脆弱性をつかれて、利用者が仮想通貨の盗難に遭ったようです。

この事件に対するJaxx社のCEOのコメントが「Jaxxはホットウォレットなので大金を保管しないで欲しい」というものでした。

私としては信頼できない仮想通貨ウォレットになりましたので、利用を停止することにしました。
やはり現段階ではハードウェアウォレットが一番安全だという結論に至ります。

イーサリアム系トークンはLedgerNanoSやTREZORとMyEtherWalletとの連携で既に保管対応されています。
【関連記事】
LedgerNanoSとMyEtherWalletを連携・管理する方法
TREZORでイーサリアムやトークンを保管する方法

もし皆さんがJaxxを利用される時は自己責任でお願いします。


こんにちは、@マナです。

今日はちょっとした朗報です。
JAXXという仮想通貨のマルチウォレットが、今後50以上の通貨やトークンに対応することを発表しました。

以下、ETHニュースからの引用です。

Jaxx has also said it will be working with the following teams as part of its future token roadmap: Ripple , Monero, Tether, Stellar Lumens, PIVX, Factom, Steem, NEM, QTUM, Bytecoin, Bitshares, MaidSafeCoin, Siacoin, Waves, Lisk, Omni, Stratus, GameCredits, Ardor, SingularDTV, Round, Decred, NXT, Byteball, DigiByte, FirstBlood, IExec RLX, Emercoin, Syscoin, Etheroll, Komodo, Namecoin, Storjcoin, Chronobank, Melonport, WeTrust, Counterparty, TokenCard, Matchpool, Edgeless, Xaurum, CreditBit, MonaCoin, NovaCoin, RubyCoin, Bitcrystals, BitShares, BlackCoin, Expanse, Gulden, Namecoin, NAV Coin, NEM, Peercoin, PotCoin, Tezos, and Wings.

【引用】ETHニュース

FactomやNEM、Digibyte、Stellar、GAMECreditsまでありますね。Factomはデスクトップコアの動きがイマイチで取引所保管を余儀なくされていた人も多かったと思いますが、これで少しは安全に保管できるようになるかもしれません。

JAXXとは?

「JAXXって何?初めて聞いた」という人に一応説明しておきます。
JAXXは仮想通貨のウォレット、1つのウォレットでいろんな仮想通貨を保管できるものです。

仮想通貨(暗号通貨)は保有銘柄が増える度にウォレットも増えていくし、管理も大変になりますよね。それが、1つのウォレットで沢山の仮想通貨を一元管理できちゃいますよ!という素晴らしいウォレットなのです。

JAXXウォレット

今はAndroid,iPhone,iOS,Windows,Linux,chrome,Firefoxに対応。ハードウェアウォレットはもうちょっとで発売される予定だそうです。
デスクトップ上で利用できますので、ウェブウォレットよりは安全かもしれません。

JAXXウォレットで管理できる仮想通貨

↑現在保管できる仮想通貨の種類です。

JAXXウォレットの使い方

使い方は簡単で、インストールして利用したい通貨の銘柄を選択して、ReceiveやSendのボタンをクリックして仕様するだけ。

JAXXウォレット

銘柄は上部のメニューで選択することが出来ます。

JAXX円建て表示

円建て表示もできますし、

JAXXウォレットPIN設定

PINの設定も可能。

JAXXウォレットのバックアップ

バックアップは表示される12単語を記録しておく方式です。

JAXXウォレットのリカバリー

例えばPCが壊れたり、もう1台別のPCでも同じウォレットを使いたい場合は、JAXXをインストールする時に「RESTORE WALLET」を選択してバックアップフレーズの12単語を入力するだけ。
これで保管している仮想通貨の資産が復活できます。簡単ですね。

JAXX秘密鍵の生成

またありがたいことに、各通貨の秘密鍵を見ることもできます。これならJAXXウォレットに何か起きた時でも、資産を復元できますね。

デスクトップアプリがお勧めだと思います

JAXXはchromeとFirefoxブラウザの拡張アプリでも利用することが出来ますが、大事な資産がブラウザ上でセキュリティは4桁のPINだけでネットワークに繋がっているのは不安を感じます。

ですので、デスクトップアプリを利用される方がまだ安全かな、というのが私の意見です。
ハードウェアウォレットが販売されたらウォレットの秘密鍵が流出する可能性が小さくなるので、さらに安心できると思います。

以上、JAXXウォレットのご紹介でした。
「保有銘柄多くて管理が面倒~!!」という人には朗報のニュースですね。

ちなみに私は1つのウォレットで多銘柄を管理するのは怖いので、大口保有の通貨保管には使いません。基本は分散管理。
少量ずつ購入した通貨とトークンの管理には便利だと思うので、対応銘柄が増えたら移行を考えるかもしれません。


【この記事で紹介したサイト】
JAXX

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。