GatehubにリップルXRPを保管は安全ではない

こんにちは、@マナです。

リップルのXRPを持っている人に注意喚起。
2段階認証も設定しているGatehubにXRPを保管していた方が、ハッカーによって盗まれた事例が起こりました。

ソース:リップルウォレットをハッキングされた | 暗号通貨堂

以下、管理人様のツイートとリプライを拝借させて頂きます。

これ、要注意ですね。取引所やウェブウォレット関連のパスワードはブラウザに記憶させない方が良いです。
もしパスワード情報を保存している人がいたら、今すぐ消去しておきましょう。

ブラウザからパスワード情報を抜くのはそんなに難しいことじゃないんですよ。

私も豊島様のご意見と一緒で、ウェブウォレットは今や全く安心できなくなりました。2段階認証をしても破られるんですから。

Gatehubはセキュリティがそれなりにしっかりしているウォレットだと思って私も安心していたのですが、レベルの高いハッカーにとってはちょっと頑張れば突破できるものなのかもしれません。

ということで、私の手持ちリップルXRPは全てハードウェアウォレットのLedgerNanoSに移動させました。
今手軽で一番安全な保管方法だと思います。

【関連記事】
リップルのXRPを保管できる初のハードウェアウォレットが登場
LedgerNanoS(レジャーナノS)にリップルのXRPを対応する・送受信方法

今後はウェブウォレットの盗難が増加していくと予想

今後仮想通貨(暗号通貨)の時価総額が高くなるにつれて、ハッカーたちはウェブウォレット狙った盗難はさらに増加してくると予想しています。
仮想通貨は消費者保護法がありませんので、ハッカー達にとっては手軽に破りがいのある美味しい商売です。

リップルXRPの他に狙われそうなのは、ウェブウォレット管理者が多いと思われるGAMECreditsもでしょうか。GAMECredits用のハードウェアウォレットはありませんしね。
ビットコインのBlockChainInfoも安心できませんので、これもTREZORなどへの保管が望ましい。

デスクトップクライアントもそれほど安心なわけじゃないので、今のところ手軽に高セキュリティで保管できる方法はハードウェアウォレットのみだと思います。

ということで、Gatehubをご利用中の皆さまもご注意ください。
Ledger Nano Sを持っている方は、早めにXRPの移し替えをお勧めします。(アマゾンに在庫が無い場合は海外Ledger社公式サイトからも購入できます。

(海外公式サイトからの注文方法が分からない場合は、こちらの記事で解説しています。)

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年3月から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。