安いオルトコインを購入

こんにちは、@マナです。

昨日は投機的な実験に取り組むべく、1円台以下のオルトコインを新しく5銘柄購入してみました。

というのは、「安いから買った」というSiacoin(当時0.07円)が1カ月で1円台に到達してしまったからです。

Siacoinの相場推移

7万円くらいで100万通貨購入、現在約100万円の利益(含み)です。
coingeckoさんで総合順位が比較的高めだったことも購入理由でしたが、結果が良好だと面白く感じて、さらに実験したくなるものですね。

【仮説】安い通貨には買いが入りやすいのでは

仮想通貨は投機的に考えている人が多いのではないでしょうか。

時価総額が高い人気の通貨を購入する層の人と、単純に「当たればラッキー」と思って精査せずに「安いから」というだけで購入する層の人がいると考えています。
そして、今後はますます仮想通貨についてよく理解しようとしない層の流入が考えられます。これはキャズム理論を元に推測しています。

【キャズム理論】

キャズム理論

エベレット・M・ロジャーズが提唱したイノベーター理論では、消費者は「イノベーター」「アーリーアダプター」「アーリーマジョリティ」「レイトマジョリティ」「ラガード」の5つの分類される。

このうちイノベーターとアーリーアダプターを合わせた層に普及した段階(普及率16%超)で、新技術や新流行は急激に拡がっていくとしており、そのためイノベーターとアーリーアダプターにいかにアピールするかが新製品普及のポイントであるとされてきた(「普及率16%の論理」)。

【引用・出典】Wikipedia

あくまで私が感じている限りでは、仮想通貨はアーリーアダプターの層まではだいぶ浸透したのではないかと。今年の夏ほどからアーリーマジョリティの層が一気に流入してくると考えています。

そしてアーリ―マジョリティとレイトマジョリティの層は投入できる原資が少ない傾向がありますので、単純に安い通貨に買いが入って相場も上がるのでは?

・・・という安直な仮説を立てた実験です。本当に安直な仮説ですから、コメント欄への突っ込みはご遠慮願います。

購入した安目のオルトコイン銘柄

 銘柄 単価(円) 購入数 総額(JPY)
 DOGE 0.223 100万通貨 22.3万
 XVG 0.039 100万通貨 3.9万
 RDD 0.029 100万通貨 2.9万
 DGB 0.93 14.5万通貨 13.4万
 MUSIC 1.38 36万通貨  49万
SC
(1カ月前購入)
0.07 100万通貨 7万
→100万に成長



原資は保有していて急成長したnem(XEM)を30,000通貨ほど使いました。
気持ちとしては「値上がりすればラッキー」くらいなもので、値下がりしたり消えてしまったら「まぁそうなるよねw」で済むような額だけを投入。

100万通貨ずつ購入している理由

「100万通貨」というのは私なりの基準で、これだけ保有していれば仮に10円台まで達したら値段の上下がほとんど1円単位で推移していって、利益が加速していくからです。(落ちも加速しますが)
1円高くなれば含み益が100万円増加してくので、超ハイリターンを期待できます。

人によっては1円未満の通貨を30ビットコイン分など大量に買って大量に売る、という方法で利ザヤを稼がれていますが、流動性が悪いとこれが難しくなることから、大量買いは基本的にしません。

各通貨について

DOGEは開発が中止になっているという情報を得たのですが、それでもここ最近は相場が上がっています。原因はよくわかりませんが、投機的な目的で突っ込んでみました。

MUSICだけ投資額が大きいですが、これは私が音楽家のはしくれで、単純に応援したいと思ったからです。

DigiByteは0.7円の時に購入しようと思いながらちょっと他のことをしていたら、いつの間にか1.4円になってて断念しました。(仮想通貨ではよくあること)

XVGとRDDは安いのに取引所内ではそれなりの流動性があったからで、公式サイトを見てもまぁ比較的まともなプロジェクト…?という印象を受けたからです。
この2つは購入してから24時間で2倍~3倍に伸びました。(この記事は昨日書いたのですが今朝見たらXVG,RDDともに0.1円に到達していました。)
安値の時は基本的に成長率が高くなりますね。

この銘柄たちが1ケ月後、2カ月後どうなるか楽しみです。経過はこのブログで報告していこうと思います。
今後も手持ちのnemとXRPを少しずつ切って、他の安値の通貨を購入していこうと思います。

オルトコイン売買を楽しみたいなら海外取引所の口座開設がお勧め

コインチェックさんやZaifさんなど、日本の取引所だけをご利用されている人にとっては、私がこの記事でご紹介した銘柄は初めて目にする人も多いのではないでしょうか。

日本の取引所だと売買できるオルトコイン銘柄はとても少ないので、楽しみたければ選択肢を広げる意味で、海外取引所の口座開設がお勧め。

私も仮想通貨を購入し始めたのはZaifさんとコインチェックさんでしたが、思い切って海外取引所に飛び込んでみてからは世界が100倍くらいに広がりました。
 
最初は仮想通貨売買に慣れる為に日本の取引所を使うしかありませんが、日本だけの売買に自分を縛っていると、購入できない通貨の方が多くせっかくのチャンスを逃してしまう可能性もあります。
興味がある人は一歩踏み出されてはいかがでしょうか。自分の中のリミッターが外れます。

海外の取引所は、poloniex、Bittrexだけでも沢山楽しめます。他にはKraken、Cryptopia、Liquiなど沢山あります。
口座開設は簡単ですし、日本の取引所や自分のウォレットから海外の取引所に送って売買するだけです。ちょっとやればすぐに慣れますよ。

【追記】
その後の続きが出来上がりました。
【投機的実験レポの続き】草コイン祭りで得られた仮想通貨利益額

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年3月から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。