LedgerNanoS(レジャーナノS)でリップルのXRPを対応・送受信する方法
こんばんは、@マナです。

日本では2017年5月19日、ハードウェアウォレットのLedgerNanoS(レジャーナノS)にリップルのXRP保管が対応しました。

早速ですが、インストールや送受信方法を簡単に説明しておきます。

リップルXRP持ちの方にご参考頂ければ幸いです。

※2017年5月19日時点ではアプリがWindows7以降の64ビット版しか対応されていないようです。
32ビット版PCを持っていない為、私は検証できませんでした。試される方は自己責任でお願いします。
ちなみに、LedgerNanoS1台で複数通貨を保管できます。

LedgerNanoS(レジャーナノS)にウォレットアプリをインストールする

LedgerNanoS(レジャーナノS)でリップルのXRPを対応・送受信する方法1
※最新のファームウェアにアップデートしてからのインストールをお勧めします。ファームウェアアップデートの方法はこちらの記事をご参考ください。

まず最初に、最初にLedger社の公式サイト/ウォレットのページを開いて、利用しているデバイスを選択します。

LedgerNanoS(レジャーナノS)でリップルのXRPを対応・送受信する方法2AppManger

次にApp managerを開いて、LedgerNanoS本体をPCに接続。
PINを解除しておきましょう。

LedgerNanoS(レジャーナノS)でリップルのXRPを対応・送受信する方法3Rippleアプリインストール

Rippleの項目の「↓」マークをクリックして、リップルのLedgerNanoSにアプリをインストール。

LedgerNanoS(レジャーナノS)でリップルのXRPを対応・送受信する方法4デバイスのチェック

LedgerNanoS端末に「Allow Ledger maneger?(レジャーの管理を許可するか?)」と表示されるので、チェックマーク側のボタンを押す。

LedgerNanoS(レジャーナノS)でリップルのXRPを対応・送受信する方法5

LedgerNanoS端末にリップルのウォレットアプリケーションがインストールされました。
ここで1度接続を切って、PC側のLedger manegerも閉じておきます。

ウィンドウズPCにリップルウォレットアプリをインストールする

LedgerNanoS(レジャーナノS)でリップルのXRPを対応・送受信する方法6ウォレットアプリをインストール

再度Ledger社の公式サイト/ウォレットのページを開いて、LedgerNanoSをクリック。
「Install Ripple wallet」をクリック。

LedgerNanoS(レジャーナノS)でリップルのXRPを対応・送受信する方法7画面下のWindowsアプリ

リップルウォレットアプリのページに切り替わるので、ページ一番下の「DOWNLOAD」をクリックする。

LedgerNanoS(レジャーナノS)でリップルのXRPを対応・送受信する方法8

約60MBのファイルです。ダブルクリックしてインストールを始めます。

LedgerNanoS(レジャーナノS)でリップルのXRPを対応・送受信する方法9インストール

私のPCだとWindowsの自動保護機能が働きました。詳細情報をクリック。

LedgerNanoS(レジャーナノS)でリップルのXRPを対応・送受信する方法10インストールと実行

実行ボタンが表示さるので、これでインストール開始できます。

LedgerNanoS(レジャーナノS)でリップルのXRPを対応・送受信する方法11ショートカット

なお、インストールの途中でアプリのショートカット表示は、初期設定だとチェックマークが入っていないので、これはご自由に。

LedgerNanoS(レジャーナノS)でリップルのXRPを対応・送受信する方法12

インストール完了。Finishをクリック。

LedgerNanoS(レジャーナノS)でリップルのXRPを対応・送受信する方法13

PCにリップルのウォレットアプリがインストールできました。
なお、このままLedgerNanoSを接続して使おうとしたところエラーが起きたのですが、PCを1度再起動させたらうまくいきました。

これで準備完了です!

LedgerNanoSのリップルXRPウォレットの使い方

LedgerNanoS(レジャーナノS)でリップルのXRPの入出金使い方1

Windows側のウォレットアプリをダブルクリックして起動させたら、LedgerNanoSをPCに接続。PINの解除。

LedgerNanoS側のRippleを選んで、左右ボタンを同時押し。

LedgerNanoS(レジャーナノS)でリップルのXRPの入出金使い方

PCのリップルウォレットアプリが開きました。
ここまで来ればもう大丈夫でしょう。

LedgerNanoS(レジャーナノS)でリップルのXRPの入出金使い方312″ class=”aligncenter size-full wp-image-1096″ />

試しにGatehubのウォレットから50XRPをLedgerNanoS側に送信してみました。少額のせいかもしれませんが、30秒くらいかかりました。

LedgerNanoS(レジャーナノS)でリップルのXRPの入出金使い方5送金方法

LedgerNanoSから、Gatehubのウォレットに送信してみます。ちょっと注意点があるので注目。

アドレスと量を入力して「SEND」ボタンをクリックすれば、トランザクションが生成されるのですが、

LedgerNanoS(レジャーナノS)でリップルのXRPの入出金使い方6送金方法

LedgerNanoS端末側もチェックボタンを押して送信される仕組みです。
なお、一定時間以内にチェックボタンを押さないと、送信が失敗してやり直しになります。

PC側に「Transction Completed」と表示されれば送信成功です。

LedgerNanoS(レジャーナノS)でリップルのXRPの入出金使い方7送金方法

この時は20XRPを送信してみましたが、20秒ほどで着金しました。
それにしてもXRP手数料が安くて助かりますね。0.22円くらいで済みます。
ビットコインは高騰している上にトランザクション詰まりが多いので、それなりに速く着金させようとすると220円以上はかかります。

【追記】送信失敗が起こる場合

LedgerNanoSリップルXRP送信出来ない場合

なお、送信した際に↑のようなエラーが出る場合があるそうです。プログラムのバグだそうですが、公式側から対応方法のアナウンスがありましたので、こちらの手順で対応になります。


以上、LedgerNanoS(レジャーナノS)をリップルのXRP保管に対応させる方法と送受信方法でした。
32ビット版のWindowsで試された方がいらっしゃれば、コメントやツイッターなどで情報頂ければ助かります。

1つの端末でビットコイン・イーサリアム・イーサリアムクラシックも保管することができます。

海外のLedger社公式サイトだと、LedgerNanoSのダブルパックも販売されていて、こちらをご購入されれば1500円くらいお得です。

私は4本買い増した分は急いでいなかったので、海外からビットコインで注文しました。合わせてご参考頂ければ幸いです。

もし海外から安くご注文されたい場合は、こちらの記事で方法をご紹介していますので、ご参考頂ければ幸いです。

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年3月から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。